面取りうさちゃん

うさぎさんを描きましょうその三。

こんばんは。梅雨明けがうれしいティムです🌞。今日は連載していたデッサンの描き方についてです。

 

前回記事は動勢のお話でした。

今日はデッサンの骨格をなす大切な要素、マッスと面取り、立体感の話をします。

 

マッスとは

言葉でいうと、大きなひとかたまりの立体感、という感じです。

例えば人の顔を描くとき。ザックリと見たときに縦に少し引き延ばした球体のような頭の塊があって、その上に目鼻などの細かいパーツが乗っかっている(というか、がっちり埋め込まれてる)、と意識して描く必要があります。その頭全体のかたまり感がマッスです。

わかりやすくするために、あえてマッスを無視して人の顔を描きました。

あえてマッスを意識しないで描いた人物画
あえてマッスを意識しないで描いた人物画

このように描くと平面上に目、鼻、口、頬骨などのパーツが分離して、上に乗ったように見えるんです。

現実には頭は球体。かつ、部分と全体が境目なく一体となって繋がってます。シームレス!📱

形を単純化して見たときに、まず先にひとつのボリューム感、一体感が感じられる、というのが絵に出ていると迫真的になります。

 

二色刷りのように影を一色で描いても立体感ある絵は描けます。それとも少し違うんです。

こう、まるっと、ごろっと。手でつかめる感じ…。説明が難しいですね。三次元の立体を描く、という意識のお話です。

というか、マッス、マッスと言ってると脳内をマスオさんが横切っていきます。「いやぁ、○○だなぁ⤴」とか、「えぇーっ😨」とか聞こえてきます。

「やあ、同じ電車だったか。どうだね、一杯?」

「いいですねぇ」

このくだり鉄板だよね⁉

 

この、マッスのあるデッサンを描くには対象を面で見る必要があります。そのためデッサンの初期段階で面取りということをやります。

 

面取りとは

立方体をイメージしてみてください。💭

正面があって、左右に側面があって、上下の面があって、真裏に背面がある。ぐるっと面で一周囲んで立体です。

どんな立体でもそうなっています。どっちが正面かってのは主観ですが、それでもどこかを正面と決めたら相対的に他の面が決まります。

 

一つの例で、円筒を描くとしましょう。

上面は明らかなので置いとくとして、問題は側面のほう。側面が均等なカーブですよね。

で、こう描きたくなります。右から均等にぼかした感じ。

円柱
円柱

何でしょうね。人前で基本図形を描くと緊張する心理😅

まあ、なんというか、実際そう見えますって。でもその通り描くといまいち立体感がない…。

そこで、言い方アレなんですが、初めはウソでもいいからカクカクの面取りをして描きます。こう。

面取りな円柱
面取りな円柱

そうなっているから描く、というよりも、そうなっているものとして見る、という感じで。

これを書いていて正直僕の胸が痛みます。😥

初心者の頃、僕自身、

「これってウソを描けってこと❓デッサンは観察したものを描くんでしょ?見えてないものを描けってこと?」

と葛藤しましたから。

 

アカデミズム。

型にはまった画一的な美術教育と、それによって凝り固まった美術界をこう呼びます。石膏像のデッサンは若い才能の芽を摘み取っている!やめてしまえ!という人もいるくらいです。多くの美術教育者が一抹の罪悪感を抱きつつデッサンの「基礎」を教えています。今日もね。

 

僕的にこれの答えは、「最初はウソっぽいけど、こ慣れてくるにつれて余分な力が抜けていき、いつしかあなた自身が見た真実が語れるようになるよ。いったんここを経過すると、(どこへ行ってもいいけど)その後で見える景色が違うよ」です。

この描き方が、いらないと思ったら後で捨ててもいいんです。身になるのは技法ではなく、デッサン的な見方、考え方…。

 

…少し脱線してしまいましたね。🚎

とにかく、面で包まれて立体が形造られていることを意識して描きましょう!

 

稜線を見逃さない!

💡特に、形の切り変わり目は超重要です❗

面と面がぶつかっているところ。立体としては「稜線(りょうせん)」といいます。下の絵の場合、赤で囲った肩(上腕のほう)の切り替えや、喉の明暗の境がわかりやすいです。

形の変わり目
形の変わり目

実際この稜線が陰影の境目になることが多いです。男性の腕とか、筋肉に沿って稜線が走ってるでしょ?

腕の稜線
腕の稜線

鎖骨の先、三角筋の下面、上腕二頭筋の下面があるため、その部分で稜線が左側に張りだしてカーブしています。

さて。面にも大小があります。大きな面の中に小さい面が入れ子状になって入っているので、大きな面を分割してだんだん細かさのレベルを上げていくんです。イメージ的には、描き進めるにしたがって正八面体を細かく分割して正十二面体にして、さらに細かくして球体を作る感じ。

そこで大事になるのが次のお話。💝

 

細部も立体だということ

細部にとらわれずに全体を見ましょう!ってことはめっちゃ大事です。うん。それはわかる。

でも誤解しないで!最初に「全体」なるものを作って、その後に「細部」なるものを作るんじゃないってことを。

描き始めに全体を描くときにも細部のこと考えてるし、細部を描きながら全体観を調整してることはふつーーにあります。

頭の面取りが終わったら次に目を描く段階になって、そしたら前段階のことは忘れていいってことにはならない!という落とし穴🕳

 

これ社会人になって仕事の進め方でも同じだと痛感した。細部と全体の境界なんて、本当は無い。

今いいこと言ったべ?うきうき🤩 (←そういうところだぞ)

 

せっかくうさぎブログ🐇なので、うさちゃんを描いて説明しようかな。

最初に頭の面取りをやった後には、目が大きな面(眉から頬に切り立った側面)の中にあります。

ロップちゃん
ロップちゃん

描き込みを進めて目の細部を描くときも、この大きな面から形がはみ出すことはありません。先端の突出部は別として、目の本体はあくまでも面の中。

そしてそして。目が球体である、ということの意識はつまり、こういうことでもあります。

この角度から見ると目尻が見えない。

このうさちゃんを上から見たとしたらこうなるはず。

ロップちゃん上から見た図
ロップちゃん上から見た図

目尻の部分は目の球面のピークの向こう側にあるから、隠れています。うっかり目尻を描くと空間が歪んで開いたみたくなる。

こんなことが目だけではなく鼻でも口でも指でもしっぽでも、あらゆるところにあるわけです。

この話はマッスや面取りとはちょっと違うような話ですが、対象を立体として見る、という大切な考え方の一部だと思ってこの記事に書きました。

 

今日の記事は長くなりましたね。書きながら僕にとっても勉強になってる気がします。次に質感の話でしょうか。それからうさぎ全般に言える特徴の話、品種差、個体差の話にも掘り下げていきたいなー。明暗のトーンの話、構図の話については専門家に譲ろうと思います。今のところ。この二つは画家や写真家の方が詳しそうですね。

この連載まだまだ続きます!需要は…あるのかな?

それでは、また次の記事でお会いしましょう。ばいばーい!💨

 

この記事シリーズまとめです。

うさぎさんを描きましょう。その一。…形の単純化、比例

うさぎさんを描きましょう。その二。…動勢

うさぎさんをモフっと描きましょう。(その四)…毛並みの質感

うさぎさんを描きましょう。立ち耳。(その5)…立ち耳うさぎさんの顔

うさぎさんを描きましょう。垂れ耳。(その6)…垂れ耳うさぎさんの顔

うさぎさんを描きましょうその七。…体の各部の描写

レッキスうさちゃんを描きましょう(その8)…レッキス(飼いうさぎの一種)の描き方

コメントする