くしくしうさちゃん

うさぎさんを描きました。リアルに。

こんばんは!今回はくしくしがかわいいうさちゃんのデッサンをお描きしました🐰

 

今までの絵は、「デッサンらしさを追求しているうちに結果的にリアルになる、リアルが目的ではない」って意識でやってました。今回は、デッサンらしさを残しつつも、リアルさを主目的にする方向で描いてみましょう💪

モデルさんはTwitterで人気のうさぎさん。くしくししている仕草がすっごく可愛くて、モデルをお願いしました🥰

今回はGIF化のために頻繁に画像をスキャンしてました。普段のカメラ撮影の画像と混ぜてお送りします。

さて第一筆目は?

最初の一筆
最初の一筆

 

微妙ですね。実際はもっと濃く描いてます。わかります?画面左より少し上の方。うさちゃんの右眉のラインです。ここを起点にほかの形を描いていこう🏳

で、全体の位置とか形を細かく何度も修正して、少しずつ輪郭が定まってきました。

形が決まったくらいの頃
形が決まったくらいの頃

 

とはいえ、まだ修正です。元写真に忠実に描くために見比べていると、まだおかしいところがありました。

鼻先が短い😣

各部の当たりをつけながら修正したのがこちら。(スキャン画像)

輪郭の決定
輪郭の決定

 

ここからようやく、顔周りの毛並みを描き始めてみます。

まず顔周りから
まず顔周りから

 

デッサンは普通、全体を均等に描き進めていくものなんですけど、写実画の場合は部分ごとに細かく描いていく方がやりやすいです。

毛束の位置をマークしながら正確に描き込んでいく感じ。わかりやすくするため全体の明暗のトーンは後回しです。だからところどころ白飛びが激しいです🤣

鼻先から上に向かって顔を描いていって耳までいったので、体のベースを描いてみました。

体の陰影をつけてみた
体の陰影をつけてみた

 

ベースの上からもふもふの毛並みを重ねたのがこちら。

体の毛並みを描いた
体の毛並みを描いた

 

体の立体感が出てないことを、このときから最後まで悩むことになります。。。

この後おてての描き込みをやり…

おててを描いた
おててを描いた

 

足描こうかなー、無い方がいいかなー、と悩み…

足を描いた
足を描いた

 

光が透けるお耳の透明感とか、おでこの光と側面の影の対比とか、手前に向かって伸びてくる毛の描写とか、自然な背景とか…。

あーでもないこーでもないを繰り返し、10日くらいかけてやっと完成🙋‍♂️

完成!
完成!

 

全体的に柔らかなトーンになりました。主力は2Bの鉛筆ですが、硬めの鉛筆の出番が多かったです。7Hとかね。

サイズはB5です。紙はケント紙。今販売中のミニ原画と同じ素材で、サイズ(面積ベース)2倍ちょいです。

細かくスキャンを繰り返していたら37枚になりました。GIFアニメを作ったので見てください!

制作過程のGIF化
制作過程のGIF化

 

ぶわぁ~っと毛並みが広がってくの面白いね!

 

今回、写実画風に描いてみてTwitterで話題になってる写真のような絵がいかにすごいか思い知りました。

あんなにできないって❗すごいです。

今回の制作は僕自身のためにもすごく勉強になりました。絵と向き合う姿勢とか。また新しい気持ちで絵を描いてみたいな。

それではみなさん、次回の記事で。またねー、ばいばい👋

 

コメントする