木彫

レイの生い立ちダイジェスト

こんばんは!筋肉痛のティムです。今日は先日生まれたレイちゃんの生い立ちをまとめてみました👶


一月からずっと彫ってて、進んできたらここで記事にしてきました。5か月分の記事なのでもっとコンパクトにまとめてみようと思いました。
それでは~?、レッツラgo!(ゆきりぬさんってYouTuber知ってますか?僕はあの方のファンです!)

 

構想

3作目の木彫りうさぎ。前回のおだんごちゃんはうたっちしている垂れ耳ちゃんでした。おだんごは男の子。今度は女の子を彫りたいなーって。女の子うさちゃんには首周りに脂肪のふくらみができることが多いです。通称首マフ。そして、寝そべってるポーズがかわいいなーって。
その時のラフデッサンがこちら。

構想構想

アイデアが固まってきたので、それに合わせて木材の買い付けです。悩みましたが素材は彫り慣れた楠に。長さ30センチくらい。

デッサン
彫る前彫る前

 

荒彫り

鉛筆で引いた直線に合わせて、要らない部分をカット。消えてしまったデッサンを描き直し。

デッサンデッサン

のこぎりとのみを使って大体の形を作ります。

荒彫り荒彫り

この頃の記事がこちら
楠うさぎ(仮)を作っています。

 

こうしてみると、この中にレイちゃんがいるなんて不思議ですね。

荒彫り荒彫り

 

中彫り

先ほどの写真の状態から、のみと木槌でカンカン彫って形を作っていきます。

完全に手羽先状態のレイちゃん。

中彫り中彫り

顔の中心はどこ、とか、ひざの関節はどこ、とかをこうやって鉛筆で印を付けながらやります。大きい作品を作る人は墨汁で印付ける人もいます。

正面からデッサン補足正面からデッサン補足

当時の記事

楠うさぎ(仮)を作っています。その3

楠うさぎ(仮)を作っています。その4

 

だんだんうさぎらしくなってきた頃、この子の名前が決まりました。

楠うさぎ楠うさぎ

命名の記事はこっち

楠うさぎ(仮)の名前が決まりました。

 

仕上げ彫り

目鼻や脚などの細かい部分を作っていきます。

斜め前斜め前
レイちゃんの手レイちゃんの手
顔の仕上げ彫り顔の仕上げ彫り

仕上げ彫りの記事はこちら。

楠うさぎ(レイ)を作っています。4

 

磨き・着色

仕上げのやり方について、今回は紙やすりで磨いたあと薄く白い着色をしようと思いました。

彫りあがり彫りあがり
との粉の塗布後との粉の塗布後

当時の記事

楠うさぎ(レイ)の制作過程最終回

この後、毛色の模様や瞳を描いて完成です!

レイちゃんレイちゃん

色付けるとほんとに印象変わりますね!


以上、駆け足でしたが振り返ってみました。一つの木材から、こんな風にして僕のうさちゃんが生まれるんですよ。
このブログに載せたすべての制作過程は、レイ というタグにまとめてあります。古いのからたどると全部見れます。

今制作中のちびうさですが、後は色塗りです。早ければ週末中に生まれるかも!
それではみなさん、おやすみなさーい🌛

 

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です