木彫

ちびうさぎちゃんを彫っています3

こんにちは!うさぎ飼えないのに飼育書を買ってしまったティムです📕。今日は久しぶりにちびうさぎちゃんのお話をします!前回記事からだいぶ間が開いてしまいました。

あれからもちょくちょく時間を見つけては彫っていました。これが先月上旬の状態。

4月上旬4月上旬

脚の部分とか、各パーツを彫り始めた感じです。続いて先週の状態。

先週の様子先週の様子

耳の間を彫りこみ、左右の耳が分かれてきました!頭をどんどん小さくしていった結果、相対的に耳が長くなりました。少し長めに仕上げるのもいいなー、と考え始めました。

先週の様子先週の様子

Twitterとか見てると、背筋を伸ばしてうたっちしているうさちゃんがかわいかったです😍。なので胸を張る感じで、耳が後ろに向かって伸びていく感じ。全体的に弓なりになるような形の流れを作ろう!とイメージが膨らんできます。この子の個性が見えてきました!

このころ、名前が決まりました🎉。いつもの僕の命名タイミングです👍

お名前は完成後に発表!お楽しみに!

 

そして、今日の制作です。

斜め上斜め上

頭のブロック、胸のブロック、足腰のブロックの位置関係がはっきりしてきました。もう少し自然につなげたいな。

真後ろ真後ろ

後ろから見るとまだまだ全然できてないです。

ちびうさ真横ちびうさ真横

真横からも撮ってみました。やっぱり背面を作りこまないと。後頭部、肩、腰…。

それができれば頭が大きいのも落ち着いてくるでしょう。鼻先はもう彫っちゃだめ。

 

これくらいの段階になるとケガしやすくなります。パーツの谷を深く彫りこむこと、形が丸くなって不安定な状態で刃を入れること、木の目に従って彫るために中途半端な持ち方で彫ることなど、リスクが高いやり方になっちゃいます。

今まで以上に注意して彫ってます。今のところ大丈夫💮

学生の頃、最も危険なジャンルである石彫の先生に「疲れたら(注意力が落ちるから)すぐ休め❗」ってめっちゃ言われました。

 

っていうか、危険なジャンル⚠って言い方、すごく誤解を招きますよね。石彫は健全です。いたって健全です!🍀

すみません、ちびうさの話をするとすぐ脱線する😅。また制作過程更新していきます!

今は新しいデッサンも描いてます!こちらも仕上がったらご紹介しますね。

それではまたねー👋

 

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です