うさぎクロッキー

うさぎさんを描きました。早描き。

こんばんは!ティムです。昨日はペットショップでうさぎの絵をたくさん描きました。🐇

ご協力いただいたのはうさぎ専門店「うさぎのしっぽ」の柴又店様です。いつか行ってみたいと思っていたお店なんです。

ちょうど、うさフェスタの前売り券を買う機会があったので、お店に行くことに!お店の方にお願いして、店内のうさちゃんの絵を描かせていただきました!✏

まずは一枚ご覧ください!

うさぎクロッキー
うさぎクロッキー

クロッキー。うさちゃんの名前?いえいえ。早描きの美術用語です。いつもここに載せている全力デッサンは6時間くらいかかってしまいますが、この絵の場合は一か所につき長くても5分です。とにかく線描で素早く描く、それがクロッキーです。💨

うさぎクロッキー
うさぎクロッキー

それ用のスケッチブックがあり、安いので気兼ねなくどんどん描けます。形が正確に描けてないですがそんなこと気にせず思い切って、一線入魂です!なので間違えても消しゴムで消しません。

うさぎクロッキー
うさぎクロッキー

ある意味、鋼のメンタル🖤です。みんなの前で歌を歌うこと、スベるのを恐れず声張って冗談を言うこと、そんなのに似ています。画家に「クロッキー帳見せて」、と言っても簡単には見せてくれないと思います。取り繕っていない素の絵ですので。僕もちょっと恥ずかしいです。🤭

うさぎクロッキー
うさぎクロッキー

彫刻家のロダンはこんな感じの線描の名手でした。モデルさんに自由に部屋を動いてもらって、それをパッパと描いたんですって。

うさぎクロッキー
うさぎクロッキー

ブロークンカラーの柄ってそれっぽく描くのが難しくて、よく観察させていただきました。🔍

うさぎクロッキー
うさぎクロッキー

うさぎさんは僕の都合でじっとしてくれることはないのでこちら側が新しく描き直します。たぶん上の画像右上がその描きかけ。

教科書的なことを言うと動物は同じ動きを繰り返すので、よく観察していれば動くモデルも描けます。歩く人とか。うーん。そうは言うものの。。。。😅

うさぎクロッキー
うさぎクロッキー

あまり長居してはお店に迷惑かなと思い、これくらいで切り上げました。店内にはうさぎグッズもあって楽しめました。

うれしかったのはウサベジが買えたこと。前から買いたいなーと思っていたかわいい缶入りの野菜ジュースです。普通はネット販売で、1ケースからの購入になるので悩んでたんです。

ウサベジ
ウサベジ

濃厚な味、と聞いていたのでドロッとしたイメージでしたが、意外とすっきり飲みやすかったです!

空き缶は部屋に飾っています(*^_^*)

 

帰りに帝釈天を見て、柴又駅で寅さんとさくらの像を見ました。なんか泣きそうになって(なぜだろう?)作り手目線で見るのを忘れました。銅像は本来そういうものかもしれませんね。

以上、ティムの休日でした。また記事を書いていきます!よろしくお願いします。またねー🏳

コメントする