個性的な模様のうさちゃん

うさぎさんを描きました。

こんにちは!暖房が壊れた気がするティムです😱。今日はうさぎデッサンです❗

前作から一週間以上経ってしまいましたね。今回は個性的なうさちゃんです(*^_^*)

何より目立つのが体の後ろ半分に集中したランダムな模様です。体の前の方は白いところが多くて。きれいですね😍

そして長いお耳。手足が長くシャープな体つきです。唯一無二の個性を大切にお描きしました💝

それでは描き出しから✅

描き出し
描き出し

 

耳の長さを生かす縦構図で紙を使いました。とはいえ耳長すぎたので後でだんだん短く修正してます😅

やや俯瞰構図で、踏ん張った前足の感じなど、動勢をとらえます。

序盤
序盤

 

ばーっと色塗りです。今回は背景を少し暗めに落としてみようと思います。

模様描き出し
模様描き出し

 

模様の予定地をまず大まかに黒くします。立体感は置いといてとりあえずベタ塗り。

このところ模様うさちゃんのデッサンが続いてますね。

👇最近の二作品

完成!
完成!
完成!
完成!

ソリッド(単色)のうさちゃんよりも手間がかかってしまうのは否定できません。ただ難しい分、集中して楽しく描けてる気がします❗

形も描き進める
形も描き進める

 

模様のベースができたところで、今度は体全体の丸みを作っていきます。頭の丸みも描き進めました。毛色の地は白なんですが、おなかやおしりの下はしっかり陰になってます。例によって模様の部分はだいぶ暗く描いてるので陰の色と混ざる心配がないです😊

中盤
中盤

 

この辺から中盤。模様の柄を正確にしていきます。黒すぎた影を消しながら毛並みの雰囲気を描き始めました(おなかや胸のあたり)。

耳も細かく描き進めてますが、いつも苦手意識があります。なんか立体的に描けないんですよねー🤔

毛並みを作るところ
毛並みを作るところ

 

モフ感描写、本格的に始めました。瞳にうっすらキャッチライト。

今まで柄の部分はただ黒く塗りつぶしただけだったので、ちゃんとそういう色の毛に見えるようにしていきましょう。

終盤
終盤

 

いよいよ大詰め。

全体の立体感に沿って柄が乗るように、濃さやトーンの調整です。軟らかい鉛筆を使って黒い部分の明度を下げてメリハリつけました。

最初の予定通り、背景を黒く。耳や脚も最後まで粘ってました。

最後におひげを描いて、完成です🎊

完成!
完成!

 

ありがたいことに僕の制作意図がしっかり飼い主様に伝わっていて嬉しかったです✨

これを励みにこの後のデッサン企画も頑張ります💪

それでは今日はここまでです。またお会いしましょう!ばいばい(*^^*)

コメントする