フロスティロップちゃん

うさぎさんを描きました。

こんばんは!久しぶりに筋トレに行けたティムです🏋️‍♂️。今日はうさぎデッサンの制作過程。すごく可愛いロップちゃんです!

動画の切り取りから描きました。白系のたれ耳うさちゃん、茶系の立ち耳ちゃんの次にたくさん描いてます。何枚描いても飽きませんね!みんな可愛いです😊

描き出しはいつものようにこんな感じです!

描き出し
描き出し

前回記事 の通りスランプ気味でいろいろ苦しい中の描き出しです。やっぱり心理状態って絵に出ちゃうと思っていて、とにかく「怒ってるような顔になってないか?」「悲しそうな顔になってないか?」「タッチが荒れていないか?」など気を付けながら進めました。

続いてこちら。

面取り序盤
面取り序盤

全体の面取りを進めるとともに、目や耳のようにはっきりと色が違う部分の塗り分けをしました。

耳の中、目と目尻、あごから胸の下までの鉛筆の線をぼかしました。ここは柔らかい雰囲気の光。逆に左耳(向かって右)はぼかさずにシャープに描写する方向で。

序盤
序盤

背景始めました。(冷やし中華始めましたみたいに言う)

やっぱり白ロップなので背景を落として白さを出しに行きます✨

いつも事務用紙に描いてますが、この紙は硬い鉛筆(3Hくらいから)の効きがいいので、白いうさぎさんを描くときには助かります。

中盤
中盤

感覚的にこの辺から中盤です。手前の耳の立体感を出してから、それに合わせて鼻先の模様とかを描き進めました。一番強いところを基準に二番目以降に強く描く場所を決める感じです。

背景とか下半身とか描き込みが足らない部分にしっかり鉛筆を乗せました。

 

仕上げの段階に入ったら改めて元動画を見返したり、同じうさちゃんの別写真・動画を見たりしてこれでいいのか確認しました。形はもちろんですが、うさちゃんの性格とか仕草とかをよーーく見ます👀。

過去のデッサン原画を取り出してみて見比べる、というのもよくやります。仕上げてもいい段階になってるか?なんて視点で。

 

と、いうわけで瞳やおひげを描いて完成ぃ!🎉

完成!
完成!

自然と「そこにいる感」が出てくれた気がします。

これ描いてて思ったんですが、改めて、ホーランドロップかわいいなって😍。小さめのお口とかね。いつか生きたうさぎさんをお迎えしたいな。

それではみなさん、今日はここまで。また次の記事でお会いしましょう!ばいばい!🙋‍♂️

コメントする