水彩画

お花と一緒のうさぎさんを描きました。

こんばんは!森のうさぎさんシリーズ、今回はちょっと違った仕上がりになりました✨

ポピーの花と一緒のうさぎさんのオーダー

最初に飼い主様から何枚か写真を頂きました。その中から構図を練っていきます。その中に、冒頭の日向ぼっこしてるポーズがあったのです。

このポーズがとってもかわいくて、これを描きたい!って強く思ったんですよね😍

うさぎさんって、目が隠れていても可愛いじゃないですか🥰 目が写ってなくても、瞳のハイライトがなくても、本物のうさぎさんはめちゃめちゃかわいい。それを何とか絵にしたくて。構図をまとめ上げました。

上のようなラフを描き、OKいただきました。

俯瞰構図なので、遠くに抜けるような奥行きを出しにくいです。平面的な画面になりますが、むしろ割り切って、あえて平面的な日本画のような構図を作ってみました。

うさちゃんの周囲にモデルさんゆかりのポピーの花を添えました。

夕方の日向ぼっこらしく、画面全体を柔らかい黄色で包んでみます。

では、本番いってみます!

鉛筆描きをやったら…

薄ーくローシェンナを伸ばします。あえてムラを作って空気感を。

ここで葉っぱやつぼみのハイライトをマスキング。うさちゃんと花の下地を塗ります。

左下のお花はオレンジですが、ベースにイエローを乗せて透明色を重ねていこうと思います。

今後の進め方に迷ったので、濃い陰を描いて形を締めてみました。

夕陽の時間なので落ち影は濃いめですが、元写真よりも淡くして柔らかい雰囲気にしてみたいです。

今回は早めにうさちゃん本体を描き進めました。

うさちゃんの背中に、元写真では窓か柱の影がかかっています。絵の中では樹木の影のようにしてみましょう。森うさですからね👍

花の茎やつぼみを入れてみました。これも、緑に黄土色をブレンドして色調を統一してます。

お花を描き進めます。ポピーに見えるかな…?

あくまで主役がうさちゃんなので、いずれにしてもお花はあっさり目に描きます。

遠景にポピーの草の足元を描くことを思い立って、鉛筆で下描きを追加しました。

背景の上塗りをしました。遠景のポピーも。画面が華やかになってきましたね。

背景の樹木の影を描きました。うさちゃんにかかった影とつながります。

マスキングをはがし、ハイライト部分を塗り直し。

いよいよ終盤、ここからうさちゃんの毛並みを丁寧に丁寧に描き進めました。

残念ながらその途中がなく、次の画像で完成です✨

オレンジうさぎさんとはいえ毛色は一色ではなく、緑寄り、赤寄り、黄色寄りの色が複雑に織り交ざります。そんなうさぎさんらしさを大切に仕上げました。

額縁はダークブラウンを選んでいただきました。完成して額装してみると、画面の明るくふんわりした空気に対して、濃い額縁でビシッと引き締めた感じになって高相性でした✨

飼い主様からのお言葉はとても嬉しいです✨

森のうさぎシリーズ、ある程度はアレンジ可能です。ご要望を聞かせていただければ、できる限り対応します。皆様からのオーダーお待ちしております。

それでは今日はここまで。ありがとうございました。またねー🍀

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。