インク絵

インクでうさぎさんを描きました。3ぴょん。

こんばんは!今日はインク絵三点のメイキングを綴ってみます。

うさぎさん3ぴょんの似顔絵をオーダーいただきました🍀

制作過程を振り返ってみます。

ブラウンのインクでミニレッキスちゃんを描きました。

写真がたくさん残っていたので、この子から始めましょう👍

最初の最初の描き出しがこちら。いわゆる、アタリ取り。

最初に紙を縦に使うか横に使うか少し悩んで、縦に決めました。長いお耳が詰まって見えないように、縦の方にゆとりを取りました。

そうすると紙の大きさに対してうさちゃんが小さく見えてしまうので、横もギリギリ大きめに入れます(額装すると紙の周囲が5mmくらい隠れちゃうのでこれ以上大きく描くと窮屈です。。。)

ほぼ、輪郭が決まりました。まるっこいシルエットを大切に描きました。続いて…

背景をぼかして描きます。下の影の方は濃いめに。このインク、ボケ際が黄色くなるんです🌻

うさちゃん本体も描いていくよ😃

多くの動物は背中の方が色が濃いです。背中の色を濃い目に。おなかは白いですが、陰なのでやや暗く。首マフの周囲の暗いところを描くと、マフが立体的に浮かび上がります🎈

今回の三部作は、ペンだけでなく筆も積極的に使っています。さっきより筆の描き込みを進めました。

ようやくペンが入ります。各所のキーとなるポイントから少しずつ。

細く繊細な線が出なくなったのでGペンを新品に交換し、極細の線で細かくタッチを入れます。

いよいよ完成🎉

まだまだ続きます✨

白いベビうさちゃん

赤ちゃんの頃のお姿をリクエストいただきました。ふわふわの毛並みが印象的です。まず下描きを極力薄く。

今回はモデルさんの雰囲気に合わせて淡いピンクのインクを選びました。ふわふわ感を表現するためインクの滲みで毛先と背景の境を作ります。

実は一回これに失敗して、新しい紙でやり直し、これが二回目です。計算通りに滲んでくれないのでとても難しいです😵

今回も筆のタッチを多めに、ペンを少なめに。柔らかい画面を目指しました。

インクの滲みの部分を残して、あまり描きすぎないように…。

逆に瞳は強く描いて対照的に!

最低限のペン入れをして、完成です✨

うたっちのオレンジうさちゃん

最後はうたっちポーズ。毛色に合わせてオレンジのインクで!

斜めに体が立ち上がってくる伸びやかさを意識して、下描きをやりました。次は背景塗り。

うさちゃんの周りを明るめに残しました。ほのかな温かみがありますね🥰

インクの色はオレンジ一色ですが、うさちゃんにはおなかなど、白い毛があります。色と陰を同じ色で描くの難しい…。

筆描きを進め、ペンを入れて、完成したのがこちら↓

うたっちかわいいですよね(*^_^*)

以上三点が完成し、丁寧に梱包してお届けしました。

かわいいと言ってくださり、嬉しく思います😊

それでは、今日の記事はここまでです。作品は喜んでオーダー受付中です。皆様からのオーダーを心よりお待ちしております。

下の問い合わせフォームかTwitterで、お問い合わせください。

また次回お会いしましょう!最後までありがとうございました✨

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です