デッサン

うさぎさんを描きました。後編。

いつにも増してうさぎさんと触れ合いたいティムですこんばんは。今日も絵の制作過程。新たに二点紹介します✨

前回記事の後半にご紹介したうさぎさん。四枚中二枚の制作過程を先行してご紹介しました。

今日はもう一点のカラー絵と、鉛筆デッサンのご紹介です。

淡い色でベビうさちゃんをデッサンしました

モデルさんが赤ちゃんだったころの貴重なお写真でオーダーいただきました。技法はお任せでしたので、いろいろ考えて、鉛筆デッサンにしました❗

描き出しの状態がこちらになります。

少し耳が大きくなりすぎたので、描き出しから中盤にかけ、少しずつ小さくしてます。

次に模様をサッと描いてみました。

ここで、いつものデッサンと少し趣向を変えます。

今までよりもずっと淡い色で描こう、と。

というのも、淡く優しい色遣い(鉛筆も、「色」です!)で描いた方が赤ちゃんうさぎの可愛く繊細な感じが出るかな、と思ったんです。

主に使ったのはB、H、3H、5Hの鉛筆。今回、2B以上の濃い鉛筆は使ってません。

濃くなり過ぎないように注意して描き進めた中盤がこちら↓

表情や顔の向きは最後まで悩むことになりました…。

下はいよいよ終盤。

白うさぎさんを描くなら、背景の色を暗くして、うさちゃんの方が白く引き立つように描くのが定番。

今回は淡く描くという意図のもと、あえてそのセオリーを外しました。うまくいってるかな…?

というわけで、完成画像がこちらです✨

原画を直接見ないとわからないくらい、微妙に背景も薄く塗ってるんですよ。この辺は、絵のオーナー様だけのお楽しみ要素です🥰

お花畑でうさんぽのカラー絵

飼い主様のご要望で実現した絵です。飼い主様のお話では…

一度ハーネスをつけて外にうさんぽに出かけたのですが、うさちゃんが怖がってしまって、以後行けなくなってしまいました。

今回はその思い出のうさんぽの時のお写真をもとに、お花畑にいるようなアレンジで描いてくれませんか、とご相談いただいたのです。

僕が一貫して取り組んでいるテーマは、うさぎさんを愛する人の心まで描くこと。たとえ記録が残ってなくても、飼い主様の心の中に確かにあるものを絵にすること。

ですので快くお引き受けさせていただきました。初の試みなのでラフ画を描き、ご納得いただいた上で本制作に入りました。

いつものように輪郭を描いた後、背景をこのようにしました。

紙を水でたっぷり濡らし、絵の具を思いっきりぼかしました。空と草花をイメージした色で画面を彩ります!

もう少し進んだ状態がこちら↓

うさちゃんの模様のベース塗りと、背景にピンクを差しました。このスタイル楽しい😃

お耳やお鼻の先のピンクも忘れません。カラフルで楽しい絵になりそう!

色鉛筆の線描きを始めました。これで形が引き締まってきます。瞳に命が宿ったよ✨

ハーネスの方も、かわいい模様を描き込んでいきます。画面の構成上、リーシュは省略。ホワイト絵の具でおひげや毛並みを描いて、背景もちょこっと手直しして、完成です🎉

わが子を送り出すような気持ちで四枚の作品を発送。無事に届き、喜びの声を頂戴し、やっと安心です😊

同じモデルさんから、いろんな絵を描きましたね。振り返ってまとめてどうぞ!

楽しい制作でした。ミニ原画のお客様、引き続き募集中です。それでは今日の記事はここまでです。またお会いしましょうねー👋

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です