作家活動

森のうさぎさんを描きました。

こんにちはティムです。雪解けの絵のメイキングを追ってみます!

前回は本番の紙に輪郭線を描いたところまででした。

ここまでのメイキング↓

まず、白くしたいところをマスキングインクで覆いました。木にかかる残雪ですね。

同じ白でも、うさちゃんの体はマスキングしませんでした。その違いは…?

背景の空は、大きな筆遣いで一気に塗った方が自然な仕上がりになります。なので、空にかかる前景をマスキングしておけば、空より明るい色をちょこちょこよけながら塗らずに済むのです。木は空よりもだいぶ暗いからマスキングしなくても大丈夫。

あともう一つ。マスキングインクを歯ブラシで飛ばして細かい点々を描きます。

以前北海道に行ったとき、木の枝に積もった雪が風に舞って、はらはらと落ちてくるのを見たんです。とってもきれいだったんで、そんな感じを再現してみます❄

続いて、マスキングの上から空と山を塗ります。遠景なのでくすんだ色になるように注意します。

うさぎさんは、陽の当たるところを微かに黄色く、陰は紫に。

次に小川を描きました。

雪の白さが出てきましたね⛄

うさちゃんはお耳や目の周りのピンクを下地として描きました。

木の影を描いてみます。

画面から外れた木の影を描くことで、向こうにも木々があることを暗示するんです。空間に広がりができます。

樹木を描き始めました。濃い色をドーンと塗って、画面を引き締めます!

背景を描くとき、その場所について考えるのが好きで、いろいろなストーリーを思いながら描きます。

この景色は初春の朝なので、太陽はほぼ真東から昇ってるなぁとか。で、太陽から遠い方の空が青くなります。ここには微かな風があって、山は、もしこの風景が実際にあったとしても少し大きめに描きました。

思いを巡らせて、風景が出来上がっていくのは楽しいです。

さて残りの木も描いて、マスキングを剥がしました。

画面手前は雪が解けて土が見えてきました。

奥の木々にも一工夫。

雪解けの季節になると、木の根元付近の雪だけ早く溶け、このように丸い形の地面が現れます。「根明け」というそうです。なんだか希望が湧いてくる素敵な言葉ですね。

残雪が舞う空はこんな感じに。

背景をさらに描き込みます。この時点では山の黒いところを濃く描きすぎました…。

背景を加筆修正しつつ、うさぎさんの瞳のベース塗り。赤とグレーのグラデーションをつくりました。

主役のうさちゃんをさらに描き込み。姿が出来上がってきました。

下の画像の辺りが最後の追い込みになります。

そして、構想の頃から3週間余り…。完成がこちらです✨

少し寂しい気がしたので、最後の仕上げとして、画面左からの黄色い光、奥の山の鳥を描き加えました。暖かい感じになったでしょうか?

こちらの作品は↓の展示にて発表、販売します!

(画像をクリックすると詳細サイトが開きます)

素敵な作家さんが多数集まりました。見に来てくれたら嬉しいです😃

それでは今日はここまで。また次回お会いしましょう。最後までありがとうございました。

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。