モフモフロップちゃん

うさぎさんを描きました。

こんばんは!ティムです。今日は2ぴょんのうさぎデッサン制作過程をお届けします!🐇🐇

 

今回は写真が少ないのでポイントを文字で補足しながら記事にしてみます。二点とも、毛並みの雰囲気を意識して描いてます💕

 

換毛中うさちゃん

まずは換毛がんばり中のうさちゃんです。描き出しはこちら。

描き出し
描き出し

 

小さいうさぎさんで、伏せているところを上から見守る感じがすごく可愛いのでこの構図に。うまく真ん中に収まりました👏

中盤
中盤

 

気付いたら中盤くらいまで描き進めていました。背中の部分が少し濃い色味をしているので意識して塗ってます。

胸や頭の丸みに比べると、おなかの立体感を捉えにくかったので注意しながら。具体的には地面との境目付近。文字で説明しようとしたのですがうまく言葉が出てこないので、急遽Excel絵を描いて図解!(というか語彙力が…😅)

要するにこういうこと📌

胴体に毛が被さるので下向きの面が毛に埋まって見えなくなる。
胴体に毛が被さるので下向きの面が毛に埋まって見えなくなる。

 

胴体を断面で見たところです。普通は左図のように胴体の下向きの面を面取りして描けば立体的に見えます。

ところが実際のうさちゃんはというと、右図のように柔らかい毛が下向きの面を覆うように被さっています。

なのであからさまに説明的な下向きの面を描きません。点線のような面がある意識は持って描きますが、直接描かずにおなかの毛と床の境目でうまくその雰囲気を出すわけです。

終盤
終盤

 

このモデルさんを描くのは二回目なんですが、前回同様、淡く描いてます。どうもこの子は薄めの色で仕上げるのが似合うみたい。

換毛模様は丁寧に描きながら、毛並みの柔らかい感じも大切に描きます。

完成がこちらです✨

完成!
完成!

 

モフモフロップちゃん

今度は冒頭の写真で紹介した子です。お座りしてこちらを向いてくれてます😍

今回は描き出しの描き出し。描き始めから数分後くらいの写真から。

ド描き出し
ド描き出し

 

最初に、紙をしばらく眺めてうさちゃんが入る位置を考えます。

首を傾げた感じがかわいいので、耳も含めて顔を全部入れるようにします。左前足が画面右下へ向かうのが絵的にアクセントになります。

この方向で形が入った状態がこちら。

描き出し
描き出し

 

足が間延びしてしまって修正。ここからベースを組み立てます。

序盤
序盤

 

今回はコントラストを強めにしようと思います。濃い鉛筆でがりがり黒くします。代わりに、背景はあっさりと紙の白を残す感じにします。

で、びっくり。この後の写真が完成画像しかありませんでした😳

こちらです。

完成!
完成!

 

写真無さすぎなので文字で補足😂

まず胸から下が柔らかい影なので擦筆でたくさんぼかしました。

それと、喉のえくぼのような窪みが二つはっきり見えます。本当はみんな二つあるのかもしれないのですが、多くのうさちゃんはこの窪みが真ん中に一つあるように見えます。こんなにはっきり見える子は珍しいです。このうさちゃんの個性ですね🙂

それと、毛並みがバサッとした感じで力強いです❗最後の最後まで毛の質感を追及してました。。

背景が紙の白ということもあり、背景との境目は一工夫いります。特に動物の毛は光が透けるので、輪郭が輝いているように見えるんです✨

背景の境目で光が漏れている雰囲気を意識して、少し明るめにすると空気感が出る気がします。

 

以上、今日の記事でした📝

今回の完成で、うさぎデッサンが通算60枚になりました❗描いたなーって思います。そしてちょうど、仕上げにかける色止めスプレー(フィキサチーフ)を一缶使い切りました❗感慨深いです🙂

デッサン企画、残り7点です!まだまだ続きます。それではみなさん、ごきげんよう(*^_^*)

 

コメントする