うさぎさんを描きました。

うさぎさんを描きました。

お久しぶりです!ティムです。🌀台風大丈夫でしたか?今日はお座りしている可愛いうさちゃんの制作過程をお届けします!

 

今回のモデルは思い入れが強いうさぎさんです🐇。

僕がTwitterで知り合った方のうさぎさんの中で、最初に描いた子がこの子でした。まだフォロワーさんが少ない頃。いつも挨拶してくれる相互フォローさんがいて、この人ならモデルさん頼みやすそう!と思って相談したところ、快諾いただいたんです😃

 

その時のデッサンがこちらです。

 

この絵は原点ですね❗

というわけで、今回は別ポーズで二枚目。お座りでリクエストいただきました(*^_^*)

描き出しです。どうぞ。

描き出し
描き出し

 

少し上を向いている、その動きに注意しました。あと、元写真では前足が布で隠れてたので、別写真を参考にしながら。

続いて少し描き進めた序盤です。

序盤
序盤

 

まずいつも通り、ベースの色を全体に塗ります✏

上の状態だと色が濃すぎました。練りゴムで消しながら色を明るくします。

もちろんここまでの過程で形や立体感を意識しながらやります。こんな感じです。

中盤
中盤

 

最近、描き出しから中盤までの手順がだんだん決まってきました。こなれてきたんですかね。順番でいうと🏳

  1.  HBで輪郭や基本の面取り
  2.  2Bで強くはっきりと面取り
  3.  4Bなどでベースのトーン付け
  4.  擦筆で陰のぼかし・練りゴムでハイライトの白抜き
  5.  4B以上の鉛筆で影を深く落とす・HBや3H以上の鉛筆で白飛びしたハイライトにタッチを入れる
  6.  2B・HBの鉛筆や練りゴムなどで毛並み感を作る

 

てなわけで今回も基本の色ができてきました。ようやくこの上から毛並み感を描いていきます。

中盤2
中盤2

感覚的にはまだまだこの辺も中盤ですね。今回、終盤の写真忘れました😮

この後さらに毛並み感を追求です。このモデルさんは柔らかそうな中にも張りのある毛並みをしています。あと、部分的な白い毛もあり、苦戦💦

 

さらに、この後問題が発生。

 

顔の形が出てこない❗❗❗

ほっぺや眉上のところ、はっきりした面の切り替わりがあるはずなのですが、毛並みや毛色が複雑すぎて、どうしても立体感が出ませんでした。

ティムの脳内💭「ひげ描けば顔は背景になるからいい感じにまとまるのかなー。いや、今の段階でできていないことは仕上げになってもできない気がするぞ。うーーーん…。」

 

描いて消しての格闘、数時間…🕒、何とか何とか頑張って、かんせーーい🎉✨🎊

完成!
完成!

 

頑張った毛並み感、お褒めいただいて嬉しかったです。前回デッサンから少し時間が空いてしまいましたが、デッサン企画当選者全員、必ず描きますのでどうかお待ちください🙇‍♂️

それではみなさん、また次回。さよーならーー💨

コメントする