インク絵

うさぎさんを描きました。

ロップちゃん祭り!ロップうさちゃん2ぴょんオーダーいただきました。

Twitterでやってる #ティムのモデルさんリスト 、今までとちょっと違った水彩画を描きました。

元々の毛色(固有色)にとらわれず、青で模様を塗った絵です。背景のグリーンとの相性で決めました。

こういう絵、画家はよく描くのですが彫刻出身の僕にはどうも苦手なんです。いや、だって、そう見えないじゃん!って(笑)

ちょっと自分の表現の幅を広げたくてチャレンジした作品です。

これをモデルさんの飼い主様が気に入ってくださり、この作品のお迎えが決まりました!

そしてもう一点、飼い主様先代のうさちゃんをモデルに、インクでオーダーいただきました。インク絵の方は記録が残ってるので、本日はそのメイキングを綴ってみます。

さっそく線描から↓

ちょこんと座って、わずかに首をかしげる感じがとっても素敵✨

ロップちゃんは頭の向きでお耳が揺れますね。このポーズの場合、おてての引っ込ませ具合に体全体の動き感が現れます。注意深く特徴を捉えていきます。

紙を濡らして、濃淡をつけながら背景を描いていきました。下の方の濃い部分なんかは、ペンにインクをつけてパッパッと振りかけてます。

水彩やインクのぼかし技法では、一度紙に描いたら触り過ぎないのがコツ。最小限の手数で筆を使いながら、背景を整えていきました。

あともう一点隠し味。このインクはティッシュで拭き取ったところが赤みを帯びます。要所要所拭き取って色味にも変化を付けてるんです。

さて、次はうさちゃん本体を描いていきます。

お顔以外、体と耳の色を描きました。耳の陰や脚の隙間などにドンっと濃くインクをつけて形を引き締めると、そのあとが描きやすくなります。

↑お顔の方も描いていきました。まずは模様から。そのあと白い毛の部分にも陰を描いて立体的にしていきます。

前足や背中など真っ白い部分がそのままになっていて、まだ描き込み不足。もうちょっと手を入れました。

一番難しかったのは胸の下の立体感ですね。下からの光の照り返しもあるし、形を組み立てにくかったのを覚えています。

試行錯誤して、下が完成画像です✨

オレンジインクの華やかさに、モデルさんの元気そうなイメージが重なって、いい感じに仕上がりました🎵

モデルさんリストで描いた青や緑と、こちらのオレンジ。対照的な二枚をお客様のもとへ届けることができました。今回も喜んでいただき安堵しています。

さて、引き続き、お仕事募集中です。うさちゃんの絵なら、どんな絵でもお描きします。ぜひご相談ください。それでは次回更新をお楽しみに。またねー👍

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。