インク絵

うさぎさんを描きました。同じ構図をインクとデジタル

こんばんは。今なんとド演歌を聞きながらこの記事を書いています。作品メイキングをお届けしましょー✨

やー、普段演歌は聞かないけどたまに聞くとやっぱりすごいです。「声」の使い方は世界に通用するかも、なんて思ってます。

さて、同じ構図を異なる技法で描くのは、もしかしたら初めてかもしれません。最初はインク絵のご紹介。こんな構図です。

元写真ではカットされていた、お耳の先とおしりを描き足しています。

おしりの方が長かったです。ちょっと修正。

下描きが終わったら早速インクを使いましょう。

最初に、背景を塗っていきました。

最近のインク絵はこのように、思いっきり濃淡の幅を利かせて描くようにしています。

↑うさちゃんの一番濃い部分、瞳を塗って、体の陰影を薄く塗りました。顔の方に目線が行くように体は暗めに落とします。

もう少し陰影を追加しました。細かい描き込みは控えめに、ペンもサッと仕上げました。

下が完成画像です。

鉛筆デッサンとは異なり、インク絵はどれくらいの描き込み加減にするか難しいです。

インクらしい濃淡が効いた雰囲気がお気に入りです🎵

さて次は、同じ写真をカラーのデジタルで描きます。

まず描き出し↓

背景は元気よくライムグリーン~レモンイエローに。インクの落ち着いた感じと対照的になりそうです。

でっかいブラシで下塗り。まだ背景が透けているし、粗々です。

濃いオレンジが載りました。おめめがネザーちゃんならではの釣り目になりました🥰

少しずつブラシを小さくしながら色を微妙に変えつつ重ね塗りしていきます。

あと、体の下の影を描きつつ、いくらなんでも浮きすぎていた背景を少し落ち着かせました。ライムグリーンだったのがオリーブグリーンになった、といったところでしょうか。

この辺りになると完成に近くなってきました。今回もおしりの方は控えめに。

詰めの描き込みです。後回しになっていたお耳など、描き残していた部分にもしっかり手を入れます。

そして完成画像がこちら!

おひげをたくさん描くと一気にうさぎさんらしくなりますね🐇

インク絵はトラックに乗って、デジタルは回線に乗って、無事にお客様へ届きました✨

さて、今日はここまでです。皆様からもご注文お待ちしております。それでは次回の記事でまたお会いしましょう!ばいばいっ👋

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。