水彩画

カラーでうさぎさんを描きました。

こんばんは。昨日の記事で発送したと言ってた絵が、無事届きました♪

くしくしするうさぎさんの絵を水彩で

Twitterの #ティムのモデルさんリスト で描いた鉛筆のスケッチを水彩色鉛筆でリメイクしました。

元のスケッチはこんな絵です。

モデルのうさぎさんはチョコレートカラーで、青い瞳の子です。カラーだと描き甲斐がありますね💕

下は本番の水彩紙に描き始めたばかりの頃。サッサッサーっと形をつかみます。

丸まったポーズなので、紙の縦横遣いに悩みました。結果、上下が詰まってる方が窮屈に見えたので、縦遣いにしました。

大きさを出すため画面いっぱいに入れてます。

一晩おいて冷静になり、改めて細かい下描きをやった状態↓

猫背ポーズの動き感、肩やほっぺの形の盛り上がりを意識してます。

うさちゃんの、こういうもこもこ感が大好きです💞

さーて、背景何色にしようかな?

緑に青を少し加えて、ターコイズグリーンに。背景は後ろに行ってほしいので、そこに微かに茶色を混ぜてくすませました。ミントグリーンって感じです。

うさちゃんの毛色がチョコだから、チョコミントの配色ですね🍫💚

絵の具の濃さや、青と緑のバランスをところどころずらしながら、単調にならないように塗って、一旦背景おしまい。

うさちゃんの色がついてきた頃です。

実はここに至る前まで全然思い通りに描けなくて、やり直そうとも思ったのですがどうにかここまでもっていけました。

この子の毛色は赤みが強い部分、青みが強い部分があるのと、青い光が当たって色が異なるように見える部分もあるので複雑です。

耳の中は温かいオレンジでぼかしながら描きました。

瞳を描き始めました。光彩は淡いブルー、瞳孔は赤紫みのある暗いブラウン。

おでこに見える、小さな白い模様も見逃しません。

ここまでは水彩絵の具の作業がメインで、ここからは水彩色鉛筆で形を引き締めながら毛並みを作っていきます。

この辺りは終盤です。色鉛筆っぽいタッチが入ってますね。

淡い水色の色鉛筆で毛並みの光っている部分を描いたり、瞳の色をさらに深くしたり、仕上げに入ります。

最後におひげを細ーく描いて、完成です✨

くしくしポーズ、かわいいですよね🥰

苦しい展開の時もあったけど、こうして絵のうさぎさんを完成させてあげることができて嬉しく思います。

と、いうわけで今日はここまでです。読んでくれてありがとうございます✨

引き続きオーダー募集中です。また次回の記事でお会いしましょう。それでは👋

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。