素材・技法・道具

ホワイトワトソン水彩紙をレビューしてみます。

ティムです。今日は定番の水彩紙をレビューします。

ホワイトワトソン水彩紙 300g ブロック

実はホワイトワトソンは一番長く愛用している水彩紙です。作家活動がブランクに入る前、15年前に買ったF6サイズがあって、今も少し残ってるのですが…。

ごろん
ホワイトワトソン作例

古い紙なので、最新の製品はマイナーチェンジされてるかもしれないし、経年変化もあるかもしれなかったので、このブログでもレビューは遠慮してたんですよね。

つい先日、新しい製品をSMサイズで買ったので満を持してレビューです✨

こちらです↓

基本情報。

外観はこちら。キラキラ光るパールホワイトの表紙です。箔押しの文字が虹色に光ります🌈

見慣れた安心感💖

紙厚は超特厚口の300gです。他の高級水彩紙と同じ厚みで、水をたくさん使う人も安心ですね。

コットン100%ではありませんが、パルプの紙よりもコットン紙に近い感覚で描けます。

ブロック綴じのSMサイズは15枚綴りで、記事執筆時点で1300円くらい。

代表的な国産水彩紙で、どこでも手に入ります。こちらはホワイトタイプですが、ナチュラル色もあり、サイズ展開も豊富🌾

紙目

照明の当て方で紙の凹凸をわかりやすくして接写撮影してみました🔍

ホワイトワトソン紙拡大
ホワイトワトソン紙拡大

紙目の凹凸が浅いです。このため、紙目にペンや筆が取られないんです。つまり速い筆遣いでも線が途切れないし、極細の線を安定して描きやすいです。

また紙目が深いと濃い絵の具をジャブジャブに塗った後、凹部に顔料が沈んでムラになってしまうのですが、これも目が浅い方が起きにくいです。

一方、筆を寝かして描く効果が出にくいです。絵の目的次第ですね。

ちなみに下の写真ではもともと使っていた15年前のホワイトワトソンに最新のものを重ねて撮影してます。

微妙に変わったかもしれないですが大きな傾向は一緒でした。

紙色

紙の白色度の比較です。

ホワイトワトソンはかなり白い方ですが、特に白色度が高いファブリアーノエキストラホワイトやウォーターフォードホワイト、アヴァロンにはやや劣ります。個人的には気にならないレベルです。

僕が白色度にこだわるのは白絵の具を塗ったとき、紙色との差が目立つのが嫌だから。僕はうさぎ専門なので、白うさぎだと目立つんです🐇

どうしても気になる方は、紙色と同じ色に調整された公式の修正絵具があります。これでハイライトを描けば馴染んでくれるはず。

リフティングがやりやすい

この紙の一番の特徴だと思います。水彩絵の具は一度描いたら後から色を抜くのが困難ですが、ホワイトワトソンは色を抜きやすいです。修正を重ねながらじっくり絵と向き合えます♪

リフティングの定義なんですが、絵具が乾く前にふき取ることを差す場合と、完全に乾いてから水のついた筆などで絵の具を溶かして吸い取ることを差す場合と、両方あるみたいです。

乾く前にふき取るのはどんな紙でもできますが、乾いた後で色を抜くのは、ほとんどできない紙とできる紙に分かれます。ワトソンはそれができるのです✨

ホワイトワトソンのレビューをネットで見ると、初心者向け、という表現が多くみられます。失敗しても修正しやすく、価格がお手頃なこともあってか、上級者は卒業する、みたいなニュアンスを感じることも…💦

リフティングの目的は失敗の修正だけではなく、光の回り込み(写真でいうフレア)を描く手段や、霞を表現する手段でもあるんで、慣れた人もどんどん使ってみるのがおすすめです✨

ちなみにこの作例の背景にある木洩れ日は、ホワイトワトソン紙でリフティングした後、微かにイエローを加えて描いてます。

ただリフティングしやすい紙は、重ね塗りしたときに下地の絵の具が抜けやすい、という欠点もあります。同じ現象を言い換えてるだけなんで仕方ないです🙂

作例。

あれこれ言わずにまずは描いてみましょう(笑)

こちらはサッと描いた即興画。

背景を描いたときに、うさちゃんの頭の上の方にバックランが出るだろうな…と思ってたんですが、とげとげしないでふんわりぼけてくれました。ひげはオペークホワイトですが紙色と比べてそんなに違和感ないです。

もうちょっとゆっくり描き込みをした絵も紹介してみます。

体の方の白い毛の部分や、ハードエッジという輪染みの部分は、絵具を溶かしながら拭き取って修正してます。これが効きやすいのはホワイトワトソンならでは!

まとめ

高コスパで使いやすい紙です。特にリフティングがやりやすく、ここまで白い紙となると、ほぼこれしかないのではないかなと思ってます。定番でありながら独自性もある、これからも長い付き合いになりそうな紙です。

(今誤変換で「神」と出ましたが神ですよ!神紙!)

ぜひぜひお試しくださいね!

このブログでは素材・技法・道具というカテゴリ内で他の水彩紙のレビュー、画材や木彫道具についても色々書いてます。他の記事も参考にしてくれると嬉しいです。

それではまたお会いしましょう。最後までありがとうございました✨

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です