ペンタブを買いました

ペンタブを買いました。

そろそろ髪を切りたいティムです、こんばんは。今日はお絵かき道具の話です✏。デジタル絵を描くための強力な助っ人、ペンタブレットを初めて買ったのでレビューしていきたいと思います。

 

僕の専門は木彫ですが、あまり絞らないでいろいろやってみようと思っています。絵も、モノクロのデッサンだけでなくカラーイラストやCGも描きます。前にこんな絵を描きました。大好きなルパン三世がうさぎになったら…🐇

擬兎ルパン
擬兎ルパン

紙に鉛筆で下絵を描き、フォトショで新たに(スキャンせず)ブラシで描きました。全部マウスで描いているところは自分でほめてあげたい…。😯

で、あまりにも描きにくいのでペンタブほしいなーって、ずーっと前から思ってたんですよ。予算とかの関係で今月に…ついに買いました✨✨

 

今日の記事では僕のニーズから機種を選んで、初めて使ってみた感想までを書いていこうと思います。

このブログに初めて来てくれた方向けに、まずは僕が普段どんな絵を描いているか、お見せしますね。

例えば鉛筆デッサン✏

完成
完成

 

他には、水彩色鉛筆を使ったカラーの絵🎨

 

完成(*^^*)
完成(*^^*)

もっと見たい方はこのブログ内のカテゴリ  にいろいろあります。

で、そんな僕にとって必要だったペンタブはこんな感じ。

 

アナログイラストがメインの人のためのペンタブ入門機

はじめてのペンタブだし、どれを選んでもマウスより圧倒的に描きやすいのは明らかだったんで、とりあえず入門機で。いわゆるファインアートの人がデジタルもやるよ!ってときに、あると便利な機種。そんなイメージです。

 

こんな人向け。🙆‍♂️

デザイナーやイラストレーターみたいにパス(厳密に整ってデータ化された輪郭線)をあまり描かない人。つまりフリーハンドの線が多いユーザ。

レイヤー分けを細かくやらず、一枚にベタっと描くことが多いユーザ。

 

そんな超ざっくりしたイメージで、何も勉強せずいきなりお店に行きました。どうも見た感じでは、ペンタブは大きく分けて二種類。

 

液タブと板タブ

液タブは液晶タブレットの略です。タブレットが液晶画面そのものなので、今まさにペンを置いたその場所に線が描かれる、というもの。

対して板タブの方は、描画面が黒っぽいシート状で、ペンを走らせると結果がパソコンのモニター上に表示される仕組み。

 

液タブはまさに直感的で描きやすいですね。板タブは慣れが必要です。ただ液タブはお値段も高くなります💴

アナログ絵の人は液タブがとっつきやすいかも。今回、僕は板タブにしました。予算の関係と、あと画面割れしたら精神的に立ち直れなさそうだから😭

ちなみに、なるべく諭吉君とそばにいたいティムですが、今回は中古品を選択肢から外しました。ペンタブも経年劣化はするらしいので不安で。

 

タブレットのサイズ

次に使い勝手に影響すると思うのはサイズです。小さいのはB5以下くらいからあります。ただあまり小さいと描きにくいです😟

後で話す通りタブレット面とモニタ面の位置が1:1で対応するので、タブレットとモニタの大きさが合っていないとペンの動きがa lot of 違和感です。

ペンをちょこっと動かしただけで画面上めっちゃ動いたり、逆に思いっきりペンを動かしてるのに画面上の動きが鈍かったり…。

うちのデスクトップパソコンのモニタは約24インチ。ペンタブも中から大がいいですね。

 

絵描きは大きい絵を描くのに慣れてるので、その観点からも中サイズ以上がいい感じでした。

 

と、いうわけで機種を絞り込みました。

 

 

WACOM Intuos Medium

まず実物を!📷

パッケージ
パッケージ
タブレット本体と付属ペン
タブレット本体と付属ペン

読めなかったんですが「インテュオス」だそうです。チュじゃなくてテュ📌

 

板タブの上位モデルにIntuos Proがあります。こちらはProがつかない方。型番は CTL-6100WL/E0 です。エントリーモデルとはいえワコムは高級品ですよ✨

3色展開で、僕は緑にしました🍀

パステルカラーかわいいです😃

グリーンを選びました(*^^*)
グリーンを選びました(*^^*)

 

描き心地レビュー

で、早速描いてみたんですが想像以上に慣れるの大変そう!

え?マジすか。

ポインタだけ動かすにはペンを浮かせて運ばないといけないんですがついタッチしちゃいます😵

ペンを浮かせすぎるとポインタが反応しません。この加減をつかむのに最初は苦労しますね。

 

ペンタブの良さは何といってもペンの筆圧を感知してくれることなんですが、これもリアル鉛筆と感触が違って難しいです。

鉛筆なら黒つぶれしちゃうくらい筆圧かけて描いてやっと効いてくる感じです。

この機種の筆圧感度は4096レベル。数字が多いほど微妙な筆圧の差を感じ取ってくれます。スペック上は十分なんですが、設定の問題かなー。

と、いうわけで初めて描いたうさぎがこちら。

最初に描いたうさぎ絵
最初に描いたうさぎ絵

うむ。みなまで言うな。

なんか全体的に右上に寄ってますけど⁉

伸びしろです。今後にご期待ください(`・ω・´)

 

…それから何といっても、

初めてペンタブ(板タブ)を使ってみて、最も不慣れに感じたのはここですね。

 

絶対座標。

ちょっと何言ってるか分からない🙄。

タブレット面上にある点と、モニタ上の点が1:1で対応します。今ポインタがどこにあろうともタブレットの中心をタップすれば画面の中心をタップします。

だから、マウスみたいにちょっと動かしてからマウスを浮かせて、えっちらおっちら漕いでいくことができないってことですね。

マウスを浮かせて漕ぐ
マウスを浮かせて漕ぐ

えっ、そぉ~~なのぉ~~~~❓❔❓

ほんとに何も知らなかった感じです😉。

 

普段、僕はマウスのポインタが動くスピードを爆速MAXにして、細かくマウスを浮かせながら使ってます。実際マウスが移動しているスペースはおせんべいサイズ🍘の範囲だったりします。最小限の力で動かすため、IT人はみんなこうなります。これに慣れてると何とも違和感が😅

 

ただもちろん、絶対座標にもいいところはあります。画面下とか右上とかのメニューを触るときは楽ー。

 

でね、いかなる時も右上は右上ってことはつまり。

ペンタブを上下ひっくり返して使ってみたらどうなるんだろう?

 

😺すごーーい❗たーのしーーーい❗

 

異世界に飛び込んだみたいだよ!

あともう一つ、板タブならではの長所。それは…

 

画面が自分の手で隠れない

アナログ絵や液タブにはない利点です。アナログ絵の場合は鉛筆や筆を長く持って描かない限り、ペンを持っている手で絵の一部が死角になってしまいます。パッと見た全体の雰囲気をリアルタイムで確認しながら描くのは困難。板タブでは画面に表示されるのはポインタだけなので、すっきり見やすいです。

 

カスタマイズ

筆圧の感度とか、ボタンに割り当てる機能とか、好みに合わせて変更できるみたいです。設定変えたら慣れるの早くなりそう!

描画ソフト側で、どのツールで描くか(ブラシのカスタマイズ)も描き味に大きく影響しそうな気がします。

 

あとね、ペン先もノーマルのやつに加えてフェルトのやつがあったり、タブレット面に紙を敷くと感触が本物っぽくなったりいろいろできるみたいです。芯が摩耗する消耗品で替え芯が売ってるってこと、知りませんでした!ペンタブも奥が深いなぁ。いろいろ試してみたくなりますね。

 

 

さて、今日はこの辺で。これからしっかり練習して、ちゃんとした絵が描けたらこのブログで書きますね!その時のタイトルは決まっています。

もちろん、「デジタルでうさぎさんを描きました。」

それではお楽しみに!またねー👋

 

※Amazonのリンクを貼っておきます(広告)。

WACOM Wacom Intuos Medium ワイヤレス ピスタチオグリーン/ペンタブレット CTL-6100WL/E0

 

後日追記。初めてきちんと取り組んだ絵が完成しました。こちらの記事に詳しく書いてます。

第二作💪


コメントする