オーダー受付を再開いたします。

こんばんは。梅雨っぽいお天気ですが体調崩されておりませんか?今日は作家活動再開のお知らせです。

先日、ゆっくり活動再開に向けて動き出します、と言ったものの、まだまだ本格的に作品を受注できる状態ではありませんでした。気を遣ったフォロワー様が、注文して大丈夫ですか?と聞いてくださいました。もう大丈夫です!

長く休んだせいで画力が衰え気味だったので、ここ二週間くらいずっと練習してたんです💪あることを意識してね。

うさ飼いさんの気持ちに寄り添った作品を作る

休業中に出した結論がこれです。

今までも「うさちゃんの姿を描き写すだけでなく、人間から見たうさぎ愛を絵に表す」という意識で描いてきました。飼い主様を理解すべく、飼育書を読んで勉強もしてきました。

これからはそれをさらに突き詰めて制作していきます。

というのも、改めて飼い主様の気持ちになって、こう考えてみたんです。

家に帰ればどんな絵や作り物よりもかわいい、生きたうさぎさんがいるのに、わざわざリアルな絵を買うだろうか?

デフォルメした絵ならそれは絵として別物なので、飾る価値がある。けれども絵がリアルであればあるほど、写真で済む話になります。

僕は元写真に忠実に描くので、その意味では「わざわざ絵にしなくても、写真のままでいいじゃん」ってなっちゃいます。

また、元写真の良しあしが絵の出来に直結しちゃうところも、モヤモヤしていました。高いカメラで、撮るのがうまい人じゃなきゃいい絵ができないの?という違和感です。

そんなわけで、これからは、

  • うまく撮れなかった写真
  • 元写真が残っていないシーン
  • 飼い主様の心の中にはあるけれど、実現不可能なシーン

等を絵に描けるよう頑張っていきます!具体的にはこちら。

オーダー例

ピンボケ・低画質写真から素敵な肖像画に変身!

多少のピンボケなら僕が何とかします!例えばこの写真。

元写真
元写真

うさちゃんって動きが速いからブレたりボケたりして写真撮るの難しんですよね。僕もブログ用に撮った失敗写真がたくさんあるので(笑)練習しました。

この写真を元に鉛筆デッサンするとこんな感じに

うさぎデッサン
うさぎデッサン

も一つ作例です。こちらはガラス越しのうさちゃん。反射した光が写り込んでいます。ケージの線も消したいですよね。

元写真
元写真

これが、こうじゃ!

そのほか、先代うさちゃんを描いてほしいけどガラケー時代の画像しか残っていない…、という場合にも、何とかします!ご相談ください。

モデルの追加や合成

今までも、お月様の先代うさちゃんと今飼っているうさちゃんのツーショットや、互いに近づけるとケンカしちゃうから別々にしているうさちゃんのツーショットなどに取り組んできました。

今回はさらに、なでなでする飼い主様の手を追加する試みもやってみます!こういう飼い主様とのふれあいシーンって、自分では写真に撮れないんですよね。

元写真
元写真

こちらの元写真に、人間の手を合成して、かつケージの線を消します。

マッサージうさちゃん
マッサージうさちゃん

目を細める表情は僕の演出。実際にこうしてうさぎさんをかわいがった経験がある自分だからこそ描ける絵です。
先日お見せしたこの絵も合成なんですよ。

べびうさちゃん

自分の手からごはん食べてくれるとめっちゃ嬉しいじゃないですか。

皆さんもうさぎさんを家にお迎えしたとき、小さい体で一生懸命、呼吸でおなかが動いていて、生きてるんだなぁって思って、「この子は私が守るんだ」って、思ったでしょ?

その気持ちです!絵にしたいのは!
1か月悩んで到達した、絵に込めた僕の考えです。

記録が残ってなくても確かに存在する、あのシーンを絵にしたい

元写真をいじってるので、この絵はウソでしょうか?いえいえ、写真を超えた真実がここにはあります。

僕がブログで時々言っている、証拠がないもの、目に見えないものを信じて形にする、という気持ちの表れです。あまり言うとうるさくなるから(笑)控えめにね。

写真には撮れなかったけど、あのとき確かにうちの子が微笑んでくれた、とか、そういうのを描きます。飼い主様が愛情をこめてうさちゃんを見るとき、その人の心にケージの線が写っていますか?

だから、うさぎの姿でなく「うさぎ愛」を描くのです。

「うさぎ愛」まで描けてこそ、肖像画と呼べるレベルかもしれませんね。

まとめ

悩んで活動休止して、僕なりに出した答えです。難しい加工でも、追加料金はいただきません。さすがにこれは無理かなー、っという注文も、一旦相談してみてください。できる限り実現したいです。

2Lのデッサンやカラー原画のオーダーは、一度下のリンクも見てくれると嬉しいです。


価格表もつけておきます。

価格表
価格表

共感してくれたら、ご注文下さると嬉しいです。あなたからのオーダーを、心待ちにしています。

それではみなさん、また次回お会いしましょう!

コメントする