白手袋うさちゃん

アルビレオ水彩紙をレビューしてみます。

こんばんは。木彫でのこぎりを使ったらすごく体がなまっていたティムです。今日は水彩用の画用紙をご紹介してみます🕊

ホルベイン アルビレオ水彩紙 中目 ブロック

現在発売中のカラー原画のために新しく購入した画用紙です✨


今日はこの画用紙の描き心地についてレビューしていきたいと思います。ではいってみよー💨

基本情報

こちらの画用紙です。

ホルベイン アルビレオ水彩紙 ブロック 中紙218g(並厚口) 中目 24枚とじ 270-236 B-SM
アルビレオ水彩紙外観
アルビレオ水彩紙外観


厚みは218g/㎡。ってそんなこと言われても全く見当つかないので(笑)調べました。だいたい、ちょっといいはがきの厚みです。ときどき、とても印刷がきれいな年賀状くれる方いますでしょ?あのはがきと同じくらい。
ただ、ピカピカのコーティングがない分、こちらの方が柔らかいです。

こちらの記事で紹介したラングトンは300g/㎡。アルビレオはこれより少し薄くなります。

材質はパルプ100%です。24枚綴りで700円くらい。画用紙としてみるとそれなりに高価ですが、水彩画専用紙としてはリーズナブルです。
大手のホルベインさんの画用紙ですし、画材屋なら簡単に手に入りますよ。

あと、もちろん中性紙です。安価な酸性紙は時間とともに劣化しますので、アート用には中性紙一択になります👆

紙目

画用紙表面のでこぼこには、荒目、中目、細目などいくつか種類があります。アルビレオは中目。紙の目は特に鉛筆を寝かせて描いたときに目立ってきます。荒目だと素朴な感じ。細目は細密画向きですね。

紙の表面を拡大してみました。上から照明を当てて凹凸を強調して撮影してます📸

アルビレオ水彩紙
アルビレオ水彩紙


さらに超拡大🔍

アルビレオ水彩紙拡大
アルビレオ水彩紙拡大


表面が独特だなーというのが僕の感想です。
どういうことかというと、ふにふにした大きな凸凹の表面に小さな凸凹が乗っかったような、二重構造の質感です。

普通の画用紙は同じ大きさの凹凸が均一に並んでいます。このように大波小波が重なってるのは珍しいですね。

実際に色を乗せた状態

鉛筆で描いた上に、水彩色鉛筆を乗せてみました。比較のために、クロッキー帳に同色で描いてます。

アルビレオ水彩紙描画中サンプル
アルビレオ水彩紙描画中サンプル


この時点で目立つのは紙目の違いだけですね。クロッキー帳に描いた色の方が筆圧が強いので、こっちの方が鮮やかに見えます。
ですが水彩色鉛筆を水で溶かすと一変しますよ❗

だいぶ端折りますが上の絵の完成品がこちら。

作例2
作例2


メーカーさんはこの紙の発色の良さを推してますが、本当に鮮やかに出ます。今まで同じ色鉛筆を使ってたのに、「君は本来こういう色だったのか⁉」ってくらい印象変わります。

もう一つ作例。最近描いたやつです。

白手袋うさちゃん
白手袋うさちゃん

描き心地

絵の具の弾き具合はやや強い方です。で、吸い込みは強く、定着力があります。

つまり、絵の具を乗せて最初のうち、弾いているうちにがっちり形を描いて、一度定着したら後の修正は難しい、一発勝負です❗

紙によっては描いた後も表面を濡らしてティッシュなどで吸い取ることが簡単にできます。何度でもやり直しできる反面、ライブ感は損なわれます。描きたい絵の方向性に合わせて紙も使い分けよう👍

まとめ

アルビレオ水彩紙は、独特の紙目と強い発色、絵の具の吸い込み方などから次のような作品向き。

とにかく色の鮮やかさを出したい作品
即興性を生かして素早く描いた作品

逆に、時間をかけて細かく作りこむ細密画スタイルは苦手かもしれません。僕はモノクロデッサンや色味の少ない彫刻をやってるので、このように色がしっかり出る画用紙で勉強します💦

さて、今日の記事は以上です。先日始めた木彫りうさちゃんを少し制作しました。まだまだ全然うさぎの形になってないのですが、木彫は序盤が大事!気を抜かずに頑張ります。
それではみなさん、またお会いしましょう。ばいばーい👋

コメントする