ブロークンブルーちゃん

カラーでうさぎさんを描きました。

こんばんは🌙新作の水彩画が完成したのでご紹介です🖼

 

今年最初のカラーイラストが完成ですね!モデルは去年オフ会でお会いしたうさちゃんです。

ブロークンブルーの美しい毛並み。おっとりしていて優しそうなロップイヤーのうさちゃんです😊

 

構想・下絵

いつものように画材は水彩色鉛筆です。

この子は模様がとってもきれいなので、それが良く見えるような構図を考えました。飼い主様からいくつかポーズの候補を頂いて、それをもとにクロッキー帳に下絵を描きます。

下絵
下絵


この子に会った時の記憶も頼りに、うさちゃんの姿を描き起こしていきます。
この時点で意識していたのは自然なポーズ。生き物なので、動勢(動きの感じ)がおかしいと不自然に見えます。

直接的には写真を見て描いてますが、このようにいろいろな要素を織り交ぜて絵を組み立てていくんです。

 

描き始め

方向性が決まったら、本番の紙に描きます。筆でいきなりはちょっと描けないので鉛筆で描きます。完成後に見えなくなるくらい、控えめに。

鉛筆で下描き
鉛筆で下描き


少し顔が丸くなりましたね。
ロップイヤーらしく、耳が揺れるようなニュアンスを加えました。

下絵の複写はせず、改めて描いてます。理由は、紙の縦横比が違うのでそれに合わせて微妙にプロポーションが変わるはず、という考えと、あとは単純に二回目の方がうまく描けるかな、なんて思って😋

前者の理由で補足します。
たしかに、正確にデッサンするという意味では紙の縦横比に形が引っ張られるのは悪いことです。
ですが絵として見た場合、紙の形に主題のうさちゃんが自然に収まっているかどうか、という観点も大切だと思うのです。
もちろん、デッサンが狂わないことが前提ですが。

今回も使用したのはラングトン水彩紙(F4号)とステッドラーカラトアクェレル。
と、後述の秘密兵器を使って白の水彩絵の具を部分的に塗っています。

ラウニー ラングトン ブロック 中目 F4 BL-F4 ステッドラー 色鉛筆 カラトアクェレル 水彩色鉛筆 24色 125 M24

 

鉛筆描きをほどほどにして、絵の具を付けていきましょう!最初は薄くね。

下塗り
下塗り


黒うさぎの毛色はつややかな真っ黒ですが、それより少し薄くて、やや青みがかって見えるカラーをブルーと呼びます。この子もブルー系の色なので、ベースを青く塗ってます。将来黒くなる部分を中心に。

太もも青すぎた、と正直失敗してます(笑)
修正しつつ描いていけば完成時にはいい感じになるはず❗❔

中盤

つづいて、もう少し色を重ねていきます。

序盤
序盤

 

背中に天使の羽😍 ウキウキして描きます。

鉛筆デッサンの時のように陰で面取りしつつ、色のことも考えつつ。やっぱりカラー絵は同時に考えることが多いですね。

白い毛といえども、影はや面はちゃんと描かないと立体感が出ません。具体的には耳と頬の間に胸が見えますが、思い切って暗くします。足の付け根や脇腹も同様。僕の絵はわりと形を意識した描き方です。

もうちょっと進んだ状態がこちら。

中盤
中盤


体の下の影が入りましたね。色が全体的に濃くなってます。
この子のようなブロークンカラー、まだら模様のうさちゃんの場合、白い毛と色の毛の境目がめちゃくちゃ大事なので色鉛筆のタッチで境目を丁寧に作っていきます。コツはランダムを意識すること。境目が揃い過ぎてると不自然なんです。変化を意識してリズム感よく描きます🎵


ここまでは、わりと素直にブルーグレーで描いてます。ですがせっかくカラーなのでもう少し変化が欲しいところ🤔

終盤

そこで微妙に色合いが異なる色を重ねてみましょう。

色が乗ってきた
色が乗ってきた

 

華やかになった🌸

 

使用した水彩色鉛筆ですが、グレー系の色を6本も持ってます。

それぞれ、明るさや色味が違うのです。青っぽいグレーもあれば、暖色に寄った色もあります。

これらを使い分けながら塗り重ねたり、思い切って強い青や黄緑を乗せたりしてます。

瞳がグッと黒くなり、絵が生き生きしてきたぞ!

 

秘密兵器!

さて今回は、仕上げに特殊な筆を使います。

多くのうさぎ画家さんが一度は悩んだことがあるはず。

 

いかにひげを描くか❗

 

白いひげの場合、色鉛筆の白を重ねて描いても、ひげらしい強い白が出ないんですよ。

そこで白の絵の具で描くしかないのですが、普通の筆ではあんなに細い線は描けないのです。ひげだけをペンで描いても浮いてしまいます。

そこで、面相筆を使います🖌極細の細密画用筆です。

今回、わざわざうさぎさんのひげを描くためだけに用意しました。ええ。うさぎガチ勢ですから😉

面相筆
面相筆


筆には素材の毛によっていくつか種類があります。この筆はイタチの毛です。面相筆としては一般的、汎用的ですね。
この筆で、白ひげを描いていきます。色は先日買った水彩絵の具を使います。

ホルベイン 透明水彩絵具 チャイニーズホワイト W002 5ml(2号)

 

これで、息を止めて一本一本ひげを描いていきます…!

白いひげは光の加減で色が変わるので、部分的に濃度を替えて塗り重ねてます。

絵の具が濃すぎると線がかすれますし、薄すぎると白さが弱くなります。うーーーん。難しいね😕

もっときれいに描けるようになりたいなー。

 

苦労の末、ついに完成です✨🎉👏

完成!
完成!

 

今作からサイン入れてます。だんだん抵抗感なくなってきて、堂々と書けるようになりました。

 

完成した時はすごくやり切った感があったのです!あまりの嬉しさにTwitterで「魂の肖像画です」なんて言って画像投稿してしまいました🤣

顔周りの空気感が気に入っています。あと、太ももからおしりの方の優しいグレーも好き。

 

この作品も販売いたします。こちらのページをご確認ください。気になる方はぜひ!お問い合わせお待ちしております🐇

 

以上、新作の水彩画制作過程でした。それではみなさん、またお会いしましょう👋

コメントする