木彫

楠うさぎ(仮)を作っています。その5

こんばんは!今日は久しぶりに楠うさちゃんの制作をやりました。新しい場所で思いっきりできて、すっきりしました。😃

前回記事はこちら

前回記事が3月1日。一か月ぶりですね。今月は忙しかったですが、4月からはペースアップできそうです!

時間を置いてみたことで、作品を一度客観的に見ることができた気がします。今日はのみが進みました。

正面正面

前回作業終了時の写真がこちら。

3月1日時点3月1日時点

上の面を下に下にと下げていきます。

前側前側

首マフを彫りすぎないように、、、と注意しながら。

後ろから後ろから

肩からおしりにかけてが自然になってきたかも。肩と首がうまくつながらなくて悩み中です。

うさけつうさけつ

構想の時からの最重要課題のひとつ、うさけつがセクシーであること。だんだんそれっぽくなってきました!

斜め前からの写真もどうぞ!

顔周り顔周り

今日で立体感と動勢が出てきました。動勢は美術用語で、動き出しそうな感じ、という意味です。カタカナでムーヴマンです。おフランス語ざますのよオーホッホ🤚

 

そうそう、雑談ですが外で制作していたら鳩さんが遊びに来ました。🕊

鳩さん鳩さん

前住んでたところの作業場でも鳩が近づいてきました。あとでお友達を連れてきたりして。🕊🕊

人に慣れてるんですね。音立てて彫ってても逃げません。こちらに敵意がないってわかるようです。

 

やっぱり木を彫ってる自分が好きです。昨日道具の記事を書きましたが、木彫道具は彫刻道具の中で最も洗練されて美しいです。そんな道具を使って、いい音と木の香りに包まれて集中して形を詰めていくのはいいものですよ。

ちょっと今日は肌寒かったので4時半で終わりました。

 

もうそろそろこの子の名前を思いついてもいいころなのになーと思ってます。おだんごちゃんの名前もこのくらいの段階で決まりました。考えているのですがどの案も決め手に欠けるんです。うーーーん。。。🤔もうちょっと彫り進むと顔つきからイメージがわいてきそうですね。

今日はこの辺でおしまいです。また次回記事でお会いしましょう。またねーー❗

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です