作家活動

うさぎさんのゆるゆるマスコット(プレーン)をリリースします。

こんにちは。ティムです。本日はゆるゆるマスコットのお知らせです。

梱包方法に問題があり、一時販売中止していたゆるゆるマスコットですが、本日再販しました。

同時に、今日は新しい商品のお知らせをいたします!

うさぎさんのゆるゆるマスコット(プレーン)

かねてより「うちの子カラーの商品は出ないの?」とお問い合わせいただいていました。

オーダーメイドは難しいのですが、皆さまがお好きな色柄に塗れるように着色前のバージョンを企画しました🐰

この状態もフワフワしていてかわいいですね💕

市販の水彩絵の具やアクリル絵の具で着色ができます。

着色してみました。ブロークンブルーです✨

個性的な模様や、赤目の再現も自由自在です✨

自分で色を塗るのは自信がない!と思ったあなた。塗り方はこの記事の後半で丁寧にご説明しますので、安心してくださいね。

発売中のすべてのポーズ、立ち耳/垂れ耳のバリエーションをプレーンでお作りいたします。

ではでは、色塗りのやり方のご紹介✨

楽しんでやってみましょー😃

プレーンタイプ着色の方法

用意するもの

絵の具

僕が販売しているカラーのゆるゆるマスコットにはアクリルガッシュという絵の具を使っています。ムラができにくく発色がいいです。

ここではもっと身近な100円ショップで手に入る絵の具を使ってみます。

ダイソーさんの「発色にこだわった水彩絵の具」12色入りです。

100均のものでも使えることは使えますが、毛が抜けやすくて絵の具に混ざっちゃうので、できれば画材屋さんなどで用意するとやりやすいですよ。

毛が柔らかすぎると塗りにくいので、ナイロン毛だとハリがあっていいかもですね。

形は平筆でも丸筆でもOK

うちの筆たち

着色サンプルをご用意してます。

試し塗り用に、プレーンタイプには同じ素材で作ったサンプルをお付けします。本番と同じ大きさの目鼻も付いてますんで、絵具の濃さや粘度をお確かめください✨

つまようじ(数本)

うさぎさんのおなかに穴をあけています。

ここに楊枝を挿して、塗るときに持つと汚れずにできますよ。

そのままどこかに刺して乾かすこともできます。

楊枝はおめめを塗るときにも使えます🎵

塗り方

今回は先ほど紹介した模様の子で説明していきましょう。

まず模様の色を絵の具で作ってみましょう。

今回はブロークンブルーなので、

の3色を5:4:3くらい出して、水を数滴垂らします

このように水を加えて、適度に薄めて絵の具の伸びをよくすることが大事です✨

絵の具が濃すぎると目鼻の窪みが埋まってしまいます。薄すぎると色ムラができたり、色褪せた感じになったり…😭

ちょっと絵の具の量が多すぎましたが、割合はこんな感じ。混ぜるとこうなりました。

今回の100均の絵の具は中身が分離しがち。絵の具は良ーく混ぜるといいです。

さてこの色をうさちゃんに塗っていきます!

塗るとき、筆に絵の具をつけすぎないのがコツです。パレットのへりで絵の具を落としてから塗るといい感じ🎵

おめめ以外の場所の模様を描いていきます。

それがよく乾いたら、おめめを塗ります。

青絵の具と、水を数滴たらします。

下の写真みたいに、水が多いところと絵の具が濃いところを作っておいて、先に薄い絵の具で輪郭を塗ってから濃くすると失敗しにくいです。(薄すぎると滲むので注意)

極細の筆があるといいのですが、無くてもつまようじの先に絵の具をチョンと付けながら塗ればOK✨

塗るとき、うさちゃんのおめめの底の丸いところだけを塗るとかわいくなります。

下の写真の赤いところです。青いところ(おめめの側面)は塗らないようにしましょう。

良く乾かして完成!上から見るとウミウシちゃんみたいなうさぎさんですね🥰

混色のヒント

定番のオレンジのうさぎさんの場合。オレンジの絵の具よりも、黄土色の方が本物っぽくなります。

トータスのカラーは、茶色に少し白を混ぜた色をベースに、微調整します。

この絵の具だと少し赤みが強いので、黄色や緑を微量加えたほうがいいかもしれません。

白をうまく使って

水で薄めるよりも、白を混ぜた方がムラなくきれいに発色します。水は色を薄めるというより、粘度をサラサラにするために使いましょう。

以上、塗り方でした。あまり難しく考えないで、楽しんでやってみましょう✨

沢山のお迎えお待ちしております。

いかがでしょう?もし興味を持ったら商品ページを見に行ってみてくださいね。

販売はminneから。以下のページでお願いします。

【プレーン】うさぎさんのゆるゆるマスコット – 木彫りうさぎのパパ。ティムのお店 | minne 国内最大級のハンドメイド・手作り通販サイト

ゆるーいうさぎさんのマスコットで、皆さまが楽しく過ごせますように…。

絵画彫刻その他制作承ります。

ご家庭やお店に木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

彫刻・絵画・イラスト(アナログ/デジタル)等多数制作しています。

うさぎの作品なら、経験・実績豊富なうさぎ専門作家におまかせください!

ぷい
ぷい
何でも聞いてくださいね!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です