水彩画

森のうさぎさんを描きました。

こんばんは!今日は癒しの森うさシリーズ新作のメイキングです。

木洩れ日で休憩の垂れ耳うさぎさん

森のうさぎさんシリーズを初めて思い立ち、発売前から構想にあった絵です。

その時は試作品だったのですが、お迎えいただくにあたりリメイクさせていただくことになりました。

今回のリメイクにあたって描いたラフ↓

うさぎさんが休んでいるところに木洩れ日が射しこむイメージです✨

構図が決まり、本番の紙に下絵をつけた状態がこちらです↓

先日地元の山に登って植物を観察しつつ写真も撮ってきました。葉っぱは上下左右だけでなく前後の奥ゆきも意識して描いていきます。

今回の絵は全体が日陰なのでベースの色も少し濃いめから始めました。

周りがしっかり暗くならないと木洩れ日の部分が光に見えなくなります。暗すぎると絵が沈んで見えます。

草や葉の一部をマスキングし、背景をゆっくり始めました。

うさちゃんの前にはおひげが伸びます。なのでこの部分は特に暗くするとひげが際立ちます。

画面左側の背景、一旦は一通り塗りました。手前の葉っぱを避けつつ、背景を塗りつぶしていきました。

と言ってもベタ塗りではなく背景の草木を感じるように、複雑な塗り方をしてます。

続いて右側の背景。先ほどよりも青みの緑にして色に変化をつけました。

手前の緑と、うさちゃんのピンク色などを塗ったところです。

まだ手前の明るいところが光に見えないですね。そこだけ色が違うだけに見えます。

うさちゃん本体を、木洩れ日のハイライトを残して陰の色で塗ります。ちょっと青緑寄りのグレーです。お耳の方は赤味のグレー。

瞳と、手前右側の葉っぱを進めました。一通り、全体に色が入りました。まだまだここから。

マスキングを剥がした部分に手を入れます。うさちゃんのお耳の色もできてきました🐇

うさぎさんの瞳孔を入れました。生き生きしてきましたね。全体的に絵が明るすぎたので、背景中心に色を暗くしてみました。前景も細かい草のシルエットを描き足してます。

いよいよ終盤。最後の微調整です。特にうさちゃん本体に細かい毛並みのタッチを丁寧に重ねていきました。写真に撮ると陰の中の被写体は立体感が弱くなります。これは絵ですから、形もある程度感じられるように描き込んでいきました。

仕上げにホワイトでおひげや輪郭の毛先を。

下が完成画像です✨

額縁はダークブラウンで重厚な感じに。丁寧に梱包し、先日お客様のもとへ届きました🚚

この度もご好評いただきました。ありがとうございます!

それでは、今日はここまでです。森うさシリーズ、今ならすぐ描けます。ご注文お待ちしております。では次回記事でお会いしましょう✨またねー

絵画彫刻その他制作承ります。

こんなご相談お待ちしております。ご家庭に、かわいいペットみたいな置物が欲しい。雑貨店や飲食店の看板娘のような置物が欲しい。ハンドメイドや雑貨のコラボ商品を作りたい。企業のPRや、地方創生に作品を活用したい。うさぎ関係のイベントや画材等のレビュー を書いてほしい。

彫刻をはじめ、絵画・イラスト(アナログ/デジタル)等多数制作しています。

うさぎの作品なら、経験・実績豊富なうさぎ専門作家におまかせください!

ぷい
ぷい
何でも聞いてくださいね!

\お問い合わせ無料/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。