お座りロップちゃん

うさぎさんを描きました。

ワニくんロスになっているティムです😥今日は昨日描いたデッサンの制作過程をお届け!

 

モデルさんはお座りしているブロークンのロップちゃんです。このポーズは本当に何度描いてもいいですね🥰

Twitterの最近のフォロワー様の愛兎さんです。まずは描き出し。

ド描き出し
ド描き出し

 

うさぎを描くときには必ずと言っていいほどあごの下に基準線を引きます。これを描かないと形が決まらないことが多いです。

この線を引くことで、こっから上が頭、下が体、ということがはっきりします。そうすると、次に頭と体の幅を決めたくなり、それを描いたところで、長さと幅のバランス、何頭身になっているかが見えてきます👀

これを頼りに残りの輪郭線を当たっていくんです。下図のようになります。

描き出し
描き出し

 

意識したのは、前足が顔の方向と反対側にひねっていること。これがこの子の動きのキーポイントです📌

そんな全体感ができたら、鉛筆で面取りです。立体感と色のベースを置く工程ですね。

面取り
面取り

 

元写真が比較的立体感を見やすい光の具合で助かってます。

体全体が大きな陰、体の側面も大まかに描きます。

つづいて…🕒

序盤
序盤

 

もっと細かい面取り。そして、固有色、具体的には耳の色やブロークン模様を描きます。体の方は真っ白なのですが、その白さがまだ出ていません。

そこで…

背景入れてみた
背景入れてみた

 

背景を暗くして、相対的に体を白に近づけてみました。うん。イメージに近づいた👍

今回は背景色を暗めに落としてみました。6Bか8Bの鉛筆を寝かせて描きました。

背景を描いたことで主役が沈んだ印象になってしまいました。輪郭もあいまいになってます。そこで練りゴムで白抜きを行います。

白抜きで形を浮かび上がらせる
白抜きで形を浮かび上がらせる

 

面取りをやって、白抜きをやって、初めて形が明確になってくるんです。ハイライトと影、絵の要素が出そろった感じ。

今回、首マフのところの明るさと白さがポイントでした💡

あと、前足の先は元写真が明るすぎて飛んでいたので明るくしつつ抑えつつ描き進めてます。

中盤
中盤

 

上の写真は濃い鉛筆で暗めの色や陰の描き込みを進めている途中。

明暗の調整や毛並み感の描き込みをやって下の状態が終盤です。

終盤
終盤

 

顔の方が進んできました。おひげの毛穴のぽつぽつを描いてる途中だったかな。

これ、何度描いても覚えないやつ。難しいんです🙁

 

この後体をさらに細かく詰めていきます。パーツ同士の距離感も意識してます。

今更ですが後ろ足の先をもう少し上に移動させました。足先の周辺をもうちょっと俯瞰にしようかな、と思って。

あとはおひげとか瞳とかの仕上げ。お名前も入れて。完成です✨うさぎさんを描きました。

完成!
完成!

 

ブロークンロップちゃんほんと可愛いです。今回も癒されながら楽しく描けました😊

デッサン原画は引き続きオーダー受付中です。みんなのうさちゃんをぜひ描かせてくださいね。それではみなさん、また次回。おやすみー🌛

コメントする