くしちゃんとふせちゃん

檜のくしちゃん、ふせちゃんを作っています。その四。

こんばんは!ティムです。今日は本業(!?)の木彫の記事をお届けします。双子うさちゃん、荒彫りがざっと終わったかな、くらいまで進みました。

前回記事はこちらです✍

約一か月かけて、基本の荒彫りまで終わらせようと思っていました。最初こんな感じだったのが…

荒彫り段階
荒彫り段階

 

 

この状態を経て…🕒

少しずつ形ができていきます。
少しずつ形ができていきます。

 

 

今日はここまでやりました🙌

荒彫り終わりっ!
荒彫り終わりっ!

 

 

ぼんやり膨らんでいた形が徐々に細くなっていき、形の「谷」が深くなっていってます。

一番進捗よく見える角度で撮ってます。てへ😋

 

はっきり形が変わったのは左右の耳が分かれたところです。くしちゃんの耳が分かれた直後の写真がこちら。

くしちゃん耳が分かれました。
くしちゃん耳が分かれました。

 

のこぎりでV字に切りました。

ふせちゃんの耳が分かれた後はこちら。

ふせちゃん耳が分かれました。
ふせちゃん耳が分かれました。

作ってる途中で壊れると嫌だから耳の分け目を刻むのを後回しにしていました。もう、強い力で彫ることもなさそうなので大丈夫かな。耳を作るとシルエットがはっきりしてきます。次に何をすべきかもわかりやすくなりました。

 

今日の作業までの記録写真、ぐるっと一周どうぞ🌏

そうそう。ふせちゃんのお鼻のY字ができましたよ(*^^*)

前
右向き
右向き
後ろ
後ろ
左向き
左向き

さて今後は。家の中の制作が中心になります。細かい道具で顔や脚を彫り進めてみます。目鼻や指などは細かすぎて、のみでは彫れません。

そして細部がはっきりしたら再び外に出て、のみの作業になりそうです。ここで背中とか広い面をビシッと決める予定。

そして、最後の仕上げ彫り。表面仕上げと着色。10月末に誕生してくれたらいいな🙂

まずは中彫りに向けて、両刃刀を研ぎます💪

 

これからこの子たちの個性がはっきりしてきます。どんな子になるか僕もすごく楽しみです。それでは今日の記事はここまでです。次回お会いしましょう!ばいばーい🏳

コメントする