イベント・ショップレポ

久保俊太郎さんの個展に行ってきました。

こんばんは!ティムです。久々のイベントレポ、今日は素敵な動物画のご紹介です✨

久保俊太郎個展「カストレートの棘」

「武装せる動物」シリーズで繊細な動物画を描いている久保さん。「武装せるウサギ」名義でうさフェスタにも出店されているので、ご存知の方も多いと思います。

この度個展を開催されたので、初めて見に行きました🎵

高円寺の商店街から少し小道に入った一角に、小さなギャラリーがあります。

すっかり日が短くなりましたねー。最終日の夕方。ギリギリ間に合いました!

入口に可愛いパネルの動物さんがいました🥰

クリスマスがテーマの作品が登場します🎄

例えば奥の赤い絵画など…。

大きな写真はお見せできないのですが、原画を間近で見ると武器や鎧にはキラキラした絵の具、毛並みはマットな質感の絵の具が使われていて、とてもきれいです✨おひげの描写もすごく繊細。

下の画像、真ん中の馬の絵がお気に入りです💕

歴代オーダー作品のパネル展示が並びます!!

作家さんとお話しできました。

作家さんが在廊されていて、少しお話することができました。

僕が作品を見た印象が、「プリミティブ」というキーワードだったんです。

プリミティブというのは原始美術や古代エジプト、アフリカなどの美術の特徴を表す言葉。個人的には古代ギリシャの初期も入れていい気がします。

大げさな動きを強調する感じではなく、静かなたたずまいで、かっちりとした形(うまく言い表せない!)の捉え方なんですよね。

古代ギリシャの絵画って、ほぼ現代に残ってなくて、貴重な現存例が壁画や壺に描かれた絵なんです。久保さんの絵を見てその雰囲気を思い出しました。

そこでさっき紹介した馬の絵です!

あのポーズ、実写だったら結構派手派手の構図になります✨

そうならずに、スッとまっすぐ立つ感じ。気高さすら感じます。

作家さんご本人に、「プリミティブって言われませんか?」と話をしたところ、意外にも「初めて言われた」そう。あれ?ティムの感覚ズレてる(笑) それでも、新しい感想を告げられてよかったよかった👍

久保先生、僕と同年代で少し年上かなーと思ってたんですが普通に年下でびっくり!

お迎え品

奥の作品集をお迎えしました✨

武装せる動物のオーダー作品が収録されていて、これが第4集です🍀

絵そのものの構図が統一されていますし、ページ割りの仕方も統一されていて、洗練された印象です。几帳面な方なのかなー。

おわりに

充実した展覧会でした。また個展の際はお邪魔したいなと思いました。

最後に、関連リンクをご紹介いたします。

武装せる動物 久保俊太郎

■公式サイト

https://www.armedanimals.com/

■note

https://note.com/armedanimals

■Twitter

@kuboshuntaro

■会場公式サイト

https://gallerykiya.jp/

それではみなさん、また次の記事で~

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です