デッサン PR

うさぎさんを描きました。

こんにちは。今日は素敵な白うさぎさんの絵をご紹介します。

はじめに:ありがたい出会い

先日千葉県で展示をしたのですが、僕への作品オーダーを検討している方がわざわざ会場まで会いに来てくれました!

丁寧にオーダーの流れや作例など説明させていただき、後日、本当にオーダーの連絡をくださいました。ありがとうございます✨

作家活動してると、これが如何にありがたいことか、よーーーくわかります。自分のためにこんなに時間を使ってくださっている方に、感謝の気持ちしかないです😃本当に感謝感謝です✨

では、作品メイキングいってみましょう!

ブルーアイドホワイトのうさぎさんの水彩画

うさぎさんの中には、青い瞳の子がいます。今回のモデルはブルーアイの白うさぎさん。水彩とデッサンのオーダーです。

まずはこちらのポーズの水彩画。ど真ん中に大きく入れました。

紙が乾ききっていないので波打ってますが、まずは薄いイエローで光の流れを描きました。紙を傾けて絵の具を流すようにして、模様を作ります。

その上から背景を重ねました。瞳の色と同系色にして統一感ある画面を目指します。

血色のある所に薄いピンクを差して、紫をベースにした陰色で陰影を方向付けます。右上からの光ですね。

瞳や、耳の中を塗って各部を濃くしていきます。

瞳の中央を塗って目力を与えます✨最近は真っ黒にしないのが自分の中で流行ってます。

全体に陰影を細かく描き加えていきます。

この作品で一番苦労したのは鼻先の陰。何度もやり直してます。逆にここが決まれば絵としては成立すると思ってました。

仕上げのホワイトやシルバーをかけて、完成です🎊

香箱座りのデッサン

もう1点ご紹介です。今度は鉛筆画。白黒ですが、色を感じるように仕上げていきたいです。

こちらもデッサンらしく真ん中に大きく入れます。

上は輪郭ベースの形がだいたい決まったところ。

背景を塗って白さが際立ちました。

毛並みに沿ってタッチを入れて、まるっとした立体感をつかみます。

黒目が入って生き生きしてきました。中盤です。耳の中を一生懸命説明してます(笑)。

コントラスト上げました。黒目がグッと黒く。ただ、ちょっとキツいかなぁ。

細かい毛並みを丁寧に描き進めます。同時に、うさぎさんの白が明るすぎて浮いてることにずっと悩んでました。

白って不毛な色なんですよ。水彩でもデッサンでも、真っ白だと生命感がなくって、硬く冷たくなります。もう少し暖かく、そんな感じで悩みながら最後の詰めを進め、ついに完成です!

以上2点のメイキングでした!東京は雨でしたが箱も中身も丁寧に防水し、ヤマトさんに持ち込みました。無事届いたようで安心です💕

さて、本日の記事はここまでです。引き続き絵画オーダーお待ちしております。

他の作例を見たい方はこのカテゴリから見ていってください。

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう!またねー✨

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です