素材・技法・道具

マスキングインクを使ってみました。

こんばんは。今日は水彩画の表現の幅を広げてくれるマスキングインクを使ってみたよ👍

絵の具と併用して絵の具の性質を変化させたり、制作の補助にしたりすることができる材料をメディウムといいます。その中で、今日は水彩の白抜きに使うマスキングインクをご紹介します✨

マスキングインクとは

水彩絵の具で描くときに紙の白を残して塗りたいときがあります。そんな時、マスキングテープで覆いをするのですが(←本来のマステの使い方)、細かく複雑な形のときはそれに合わせてテープを切るのが大変・大変💦

そこで、マスキングインクを使えば白く残したい形を自由に描けます。後で剥がすとキレイに白抜きができます✨

マスキングインクの使用例
マスキングインクの使用例

水彩絵の具は、ある程度であれば、乾いた後でも水をかけて拭き取ることができます。マスキングインクは完全に紙の白を残したいときに使います。具体的には、背景と主役など色味の違いが大きいところや、明度差が大きな境界部分はマスキングしておきたいですね。

あと、絵は筆跡の方向感が結構大事だったりします。白抜きしたいところを避けて筆を動かすと、その跡が不自然なことがあり…。そんな時にもマスキングは有効です💡

それでは、実際に使った感じをレビューしてみます。

ホルベイン マスキングインク(瓶入り)のレビュー

マスキングインクを使うのは初めてだったので、まずはオーソドックスなホルベイン製を。

このように瓶入りタイプのものと、細い線が描けるペンタイプがあります。今回、少し大きな絵で使うので瓶タイプで。

先日完成したこちらの絵で使用しました。

構図が決まり、最初にマスキングした状態がこちら。

うさちゃんの輪郭回りと、木洩れ日部分に塗ってます。あとで前景の枝や、樹木のハイライトにも使用しました。

「塗る」というよりも「置く」に近い塗り方をします。途中でどこかにインクを垂らしてしまっても、慌てないで完全に乾いてから剥がせばきれいに取れますよ💡

このマスキングインクは強い光沢があるので塗った箇所がわかりやすいです。

乾くと半透明になります。また塗った場所の手触りに適度な摩擦感があり、剥がしやすくなっています。

背景を大体塗って、約一週間後に剥がしました。

マスキングインクは長く放置すると剥がれにくくなります。今回の製品では1週間以内に剥がすよう注意書きがありました。

剥がすときは親指の腹で最初だけ剥がしてきっかけを作り、ピンセットでつまんでゆっくり剥がしました。ゴム状なので途切れずに剥がせます👍

なんとなく個人的には、画面に垂直方向に剥がすよりも、できるだけ寝かせて剥がした方が紙が傷みにくい気がしてます。効果は不明😃

完全に紙を傷めずに剥がすのは難しいです。特に細い部分のマスキングは紙の一部も一緒に剥がれちゃうんですよね😥 表面強度が強い水彩紙がいいです。ウォーターフォードなんかおススメ🍀

あと、マスキングした場所は白過ぎるので後処理も大事。

マスキングだけあって、完全に紙の白が残ります。そのままではちょっと浮いているので、うさちゃんの輪郭部分は青白い反射光を塗ったり、部分的に背景色と混ぜたりして馴染ませてます。

木洩れ日も、輪郭を水筆で溶かしながら馴染ませました。

筆で塗ったときの後片付け問題…

マスキングインクを筆で塗ると、当然ながら筆が固まってしまいます。こまめに、塗ったらすぐに水に漬けていましたがそれでもインクがこびりついてしまいました…。

固まったインクを引っ張って剥がしたとき、多少は筆の毛も抜けてしまうんです。一応、そんな時のためにマスキングインククリーナーなるものがあります。

ブロガーならここでマスキングインククリーナーを紹介して広告貼るのが王道❗

ですが僕はケチなので(笑)

わざわざそれを買わなくても良い方法はないだろうか…、と考えました💡

これを使います!

プラスチック製ペインティングナイフ
プラスチック製ペインティングナイフ

油絵画家がよく使う道具で、水彩画家には馴染みがないですが、これが役に立ちます!

先ほど説明した通りマスキングインクは「塗る」よりも「置く」に近い乗せ方。なのでペインティングナイフが役に立ちますよ。

最初は慣れがいりますがどうってことないです。マスキングインクは油絵具より粘度が低いので、液だれ注意ですね。「へり」の部分を使って塗れば細い線もいけます。

下はペインティングナイフを使ったサンプル。

もちろんナイフに付いたインクを剥がすときはきれいにツルンと取れます✨

こうやってぺたっと置いても先端が浮いてくれて机が汚れないのがありがたい。

先端を尖らせたら更に使いやすくなりました。

これを思いつく前、金属製のペンで塗る方法でやっていました。

ですが、尖った金属製のペンを使うと紙に傷が付き、マスキングインクが食いついて剥がれにくくなってしまいます。かなり筆圧が必要なのでGペン側の耐久性も心配。

ガラスペンを使う方法も考えたのですが、ちゃんとしたやつはそれなりに高価です💴

そこでプラスチック製ペインティングナイフが役に立ちます👍 ドヤ!もうノリノリ💃

マスキングインククリーナーは500円以上しますがプラスチックのペインティングナイフは150円でした。

たぶん使っていくうちに剥がれにくくなってきますが、研磨剤で研げば復活すると思われます。しなくても安いので!

ちなみにプラスチック製ペインティングナイフはブロック水彩紙をはがすときも役に立ちますよ。紙を傷めず、やりやすいです。もはや水彩画家必携⁉

おわりに

今日はここまでです。マスキングインクのレビューと、おすすめの画材を紹介しました。この記事を参考に皆様のお絵かきライフが豊かになることを祈ってます!

それではまた次回の記事でお会いしましょう。最後までありがとうございました💕

木彫りうさぎ・絵画制作承ります。


あなたのおうちに、木彫りのうさぎさんをお迎えしませんか?

絵画作品は、見ごたえ十分の水彩画から手軽なミニ原画まで取り揃えております。何でも聞いてくださいね!ティムより

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です